2013年 08月 26日

【映画】デヴィッド・クレノン、デヴィッド・フィンチャーの「ゴーン・ガール」に出演


ニックは34歳、ニューヨークで雑誌のライターをしていたが、電子書籍の隆盛で仕事を失い、二年前、妻エイミーとともに故郷ミズーリに帰ってきた。しかし都会育ちの妻にとってその田舎暮らしは退屈きわまるものだった。結婚五周年の記念日、エイミーが、突然、謎の失踪を遂げる。家には争った形跡があり、確かなアリバイのない夫ニックに嫌疑がかけられる。夫が語る結婚生活と交互に挿入される妻の日記。異なるふたつの物語が重なるとき衝撃の真実が浮かび上がる。

ベン・アフレック、ロザムンド・パイク主演、ギリアン・フリンのベストセラー「ゴーン・ガール」をデヴィッド・フィンチャーが映画化する「 Gone Girl」にデヴィッド・クレノンも出演する模様。

クレノンはエイミーの父、ランドの役のようです。
映像化すると特になんだか突っ込むところがいっぱいありそうな原作なのですが(笑)、主人公の若夫婦、夫の方、新バットマンのベン・アフレックはいいとして、妻アメージング・エイミーにロザムンド・パイクはどうなのだろうか。

【関連】
【映画】デヴィッド・フィンチャーがギリアン・フリンの「Gone Girl」を監督? 13年1月23日

原作
ゴーン・ガール 上 (小学館文庫) ギリアン・フリン 小学館
ゴーン・ガール 下 (小学館文庫) ギリアン・フリン 小学館

原作 おもな登場人物
ランス・ニコラス(ニック)・ダン (ベン・アフレック)
エイミー・エリオット・ダン (ロザムンド・パイク)
マーゴ ニックの双子の妹
ロンダ・ボニー 刑事
ジム・ギルピン 刑事
ランド エイミーの父
メアリーべス エイミーの母
ヒラリー・ハンディ
デジー・コリングス
ノエル・ホーソーン
ビル ニックの父
モーリーン ニックの母
アンディ
タナー・ボルト 弁護士
トミー・オハラ
グレタ
ジェフ
ジャクリーン・コリングス デジーの母
[PR]

by hamchu | 2013-08-26 13:25 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18442514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from うだるありぞな at 2014-10-13 07:51
タイトル : ゴーン・ガール / Gone Girl
オフィシャルサイト 「アルゴ」で主演・監督し、アカデミー作品賞を受賞したベン・アフレックの主演作。 相変わらず、顔が大きい。 そして行方不明の妻を演じるのが、ロザムンド・パイク。この人は、「サロゲート」でのロボット妻が印象に残ってる。 監督が、「ド...... more
Commented by hamchu at 2013-09-17 18:31
Emily Ratajkowski=アンディ、タイラー・ペリー=タナー・ボルト、Carrie Coon=マーゴ、ニール・パトリック・ハリス=デジー・コリングスちゅう感じらしいです。タイラー・ペリーの弁護士ってなんだかアヤシそう。


<< 未公開作品 DVD ナイトメア...      映画原作関連ニュース Beas... >>