2013年 09月 09日

【映画】ジェレミー・アーヴァインが「マデックの罠」映画化に出演


ビッグホーンを狩りに砂漠にやってきたマデックとガイドの大学生ベン。ところがマデックは、誤って山師の老人を撃ち殺し、その罪をベンに着せようとたくらんだ。そして―ベンを砂漠に放り出す。食糧も水もあたえず、裸で、裸足で。

ジェレミー・アーヴァインがマイケル・ダグラスとJean-Baptiste Leonetti監督のスリラー「The Reach」に出演する模様。

ロブ・ホワイト(Robb White)の小説「マデックの罠(Deathwatch)」をスティーヴン・サスコが脚色、ダグラスとRobet Mitasが制作、撮影はニュー・メキシコで今月末に開始予定。

原作 マデックの罠 (海外ミステリーBOX) ロブ・ホワイト 評論社
[PR]

by hamchu | 2013-09-09 11:54 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18534465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2014-09-09 07:43
トロントニュースに登場の「The Reach」はこれですな。いつの間にできてたんだ(原作の青年はラスト非常~にいい人!まねできん 笑)。


<< 【映画】ピルウ・アスベックとデ...      【BBC】M・R・ジェイムズの... >>