2013年 09月 14日

【映画】コリン・ファース、ニコール・キッドマンらが「くまのパディントン」に出演へ


どうやら実現に至った「くまのパディントン」実写映画化「Paddington」にコリン・ファース、ニコール・キッドマンらが出演する模様。

監督はイギリスのTV「マットとデヴィッド ボクたち空港なう。」(なんじゃこの邦題は)のポール・キング、コリン・ファースはパディントンの声役、「ダウントン・アビー」のヒュー・ボネヴィルがブラウンさん、サリー・ホーキンスがブラウンのおくさん、ジュリー・ウォルターズがバードさん、ジム・ブロードベントがグル―バーさん(ニコール・キッドマンの役はよくわかんないや)。

デヴィッド・ハイマンが制作、英では14年11月28日に公開予定。

【関連】
【映画】ワーナー、「くまのパディントン」を映画化 07年9月14日

原作 くまのパディントン (世界傑作童話シリーズ―パディントンの本) マイケル ボンド / / 福音館書店 

原作 おもな登場人物
パディントン
ヘンリー・ブラウン ブラウンさん
メリー・ブラウン ブラウンのおくさん
ジュディ
ジョナサン
バードさん
グルーバーさん
[PR]

by hamchu | 2013-09-14 15:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18607633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kristin at 2013-09-14 22:20 x
親しみやすく玄人ウケ(?)しそうなキャスティング。みんなユーモラスな味を持っている役者さんたちでいいですね。パディントンは「テッド」みたいなCGなのでしょうか。
Commented by hamchu at 2013-09-16 09:02
特にバードさん、グルーバーさんはおお~と思いましたです(笑)。イメージポスターがもうあるんですが、これではどんなビジュアルのパディントンかよくわからないなあ。今後何かにつけてテッドと比較されるんでしょうね。
Commented by hamchu at 2016-02-13 12:38
11日には今まで温存していた「パディントン」(TOHOシネマズ新宿、字幕版)
いや、この映画どこのシネコンでも公開直後から大人気、しばらくたっても完売率が高い感じがいたしまして(とっておいても大丈夫)。
おっ?思うと同時にもう少しはけてからと思ったのですが、あんまり温存していてもねえ(来週から3週くらいの予定が込んでいるのです)。
でも結局この回も早い段階から完売でちょっと不思議な人気のほどがうかがえました(字幕版だから女性グループ、カップル等の大人のお客ばかりで子供はうちともう一組くらいだったんですけどねー吹き替え版は声優さんの人気もあったの?)。

内容は…これをパディントンでやらなくてもよかったような気がするんですが(事前の予告等で「スチュアート・リトル」な感じをイメージ 笑)、英国のこういうコメディとしてはなかなか面白い。
というか、ジュリー・ウォルターズのバードさん、ジム・ブロードベントのグル―バーさんに受けちゃってその時点でもうダメ(笑)。
とにかくキャスティングが豪華すぎ!(「ナニー・マクフィー」をイメージしとけばよかった)
大人の英国ファンは絶対に字幕版の方がいいですね。
Commented by hamchu at 2016-02-13 12:49
監督のポール・キングは結構いい感じ~、というわけで次の「ワンダー」(原作がとてもいい!メチャクチャいい!)もなかなか期待できそうなんですが、いわゆるYA枠になると日本ではダメなんですよね…

「パディントン」の方は続編の公開予定が17年11月23日に設定されとります(主要キャスト、監督も続投予定)。


<< 未公開作品 DVD ノーベル殺...      TVM作品 DVD ヒトラー第... >>