2013年 10月 22日

【映画】マチュー・アマルリックの新作はジョルジュ・シムノンの「青の寝室」の映画化


フランスの田舎町トリアン、妻子ある自営業者トニーと食料品店の妻アンドレは、9月のある夜、郊外の森の中で突如火がついたように互いの身体を求め合う。それからの数カ月、二人はトニーの弟が経営するホテルの青い色で統一された部屋で激しい性行為を繰り返す。しかし、ある出来事から周囲の視線に怯えるようになったトニーは、アンドレから距離を置くようになる。情熱的なアンドレは逆にトニーを追い込んでゆく。そしてついに、アンドレの夫とトニーの妻の毒殺死体が別々の場所で発見される。二人を巡るスキャンダルが町中に広がる。そして二人は夫殺し、妻殺しの罪状で逮捕され、陪審裁判にかけられる…

「ラヴ・イズ・パーフェクト・クライム」の第26回東京国際映画祭コンペティション部門上映で監督のマチュー・アマルリックが来日しましたが、10日前から撮影中の新作「La Chambre Bleue」撮影を中断して日本にいらしたらしい。

これ、ジョルジュ・シムノン(Georges Simenon)の「青の寝室」を映画化するもの。
アマルリックの次回作がこれになる、ってのは未確認情報だったのですが、いつの間に~(笑)

何やらレア・ドリュッケール、Stephanie Cleauが共演。14年4月23日に仏公開予定だそうです。

原作 青の寝室---激情に憑かれた愛人たち (【シムノン本格小説選】) ジョルジュ・シムノン 河出書房新社

原作 おもな登場人物
トニー(アントワース)・ファルコーネ
アンドレ・デピュール
ヴァンサン トニーの弟
ニコラ アンドレの夫
ルチア トニーの義妹
マリアンヌ 娘
ジゼール トニーの妻
レオノール・モラール
マルト・モラール
ジェルマン・クーテ ジゼールの父
アンジェロ・ファルコーネ トニーの父
ジェルメーム・デピエール夫人
ビゴ教授 精神科医
ドマリエ氏 弁護士
フランソワーズ 女中
マニ刑事
ディーム予審判事
キャパド 弁護士
シュワルツ教授
フェリエ 弁護士
[PR]

by hamchu | 2013-10-22 13:09 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18830629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2015-06-21 15:07
WOWOWにて6月29日放送予定、DVDは7月3日レンタル開始、発売は7月25日。
登場人物名が変更になっているので…(わかりにくいワン)


<< 【BBC】「ハワーズ・エンド」...      TV原作関連ニュース The ... >>