2013年 10月 23日

【映画】フィリップ・K・ディックの「火星のタイム・スリップ」、ディー・リースが脚色へ


たえず水不足に悩む不毛の地、火星植民地に住む人々は、国連から配給された水を頼りに細々と暮らしていた。しかし、水利労組組合長アーニイ・コットは、その貴重な水を思うままに使えるほどの絶大な権力を握っていた。だが、国連の大規模な火星再開発にともなう投機で地球の投機家に先を越されてしまった彼は、ある途方もない計画をもくろむ。時間に対する特殊能力を持っている分裂病の少年を使い、過去を改変しようというのだ。ところが、コットが試みたタイム・トリップには、怖るべき陥穿が…

「アリーケの詩(うた)」のディー・リースがフィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)のSF「火星のタイム・スリップ(Martian Time-Slip)」を脚色する模様。

自閉症を扱ったSFは昔から数々あれど、まさか当事者としてこれを読み返すことになるとは…
コメントは映像化されたときにつけさせていただきたいと思います(あ、逃げた 笑)。

原作 火星のタイム・スリップ (ハヤカワ文庫 SF 396) フィリップ・K・ディック 早川書房

原作 おもな登場人物
ジャック・ボーレン イーカンパニイの修理屋
シルビア・ボーレン ジャックの妻
デイヴィッド ジャックの息子
ノーバート・スタイナー
レオ ジャックの父
ミスター・イー
アーニイ・コット 現水利労組第四惑星支部組合長
アン・エスターヘイジイ
オットー・ジット
マンフレッド・スタイナー ノーバートの息子
ミルトン・グローブ博士 ベン・ガリオン・キャンプ精神科医師
ジュン・ヘネシイ
ドリーン・アンダートン
エルナ・スタイナー
サミュエル
[PR]

by hamchu | 2013-10-23 15:20 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18837121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース The ...      【映画】エレン・ペイジとエヴァ... >>