2013年 10月 26日

【映画】トーマス・アルフレッドソン監督、アストリッド・リンドグレーンの「はるかな国の兄弟」を映画化へ


ヨナタンとカールの兄弟は、楽しい生活を期待しながら、はるかな国ナンギヤラにやってきた。しかし、2人を待ちうけていたのは…。怪物カトラをあやつり村人を苦しめている黒の騎士テンギルを倒そうと、2人は戦う決心をする。

「ぼくのエリ 200歳の少女」、「裏切りのサーカス」のトーマス・アルフレッドソン監督がアストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)の「はるかな国の兄弟(Broderna Lejonhjarta)」を映画化する模様。

スウェーデンで14年冬の公開予定。
これはかなり良さげな企画。
私、この本去年読んで登場人物表をメモしてあったのですが、記事には入れていなかった(と思う)。っていうか、トーマス・アルフレッドソン監督の次回作がこれになるってのは去年の時点でニュースになった気もするのですが…(なぜ記事にしなかったんだろう…)

原作 はるかな国の兄弟 (岩波少年文庫 85) アストリッド・リンドグレーン 岩波書店

原作 おもな登場人物
ぼく カール・レヨン(クッキー)
ヨナタン・レヨンイエッタ 兄
シグリト・レヨン 母
アクセル・レヨン 父
グレタ・アンデルソン
ソフィア
ヨッシ
ヒューベルト
テンギル
オルヴァル
ヴューデル
カーデル
マティアス
ドーディク
ピューケ
アントニア
エルフリーダ
ベルク
[PR]

by hamchu | 2013-10-26 15:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18855432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】「フォードvsフェラー...      【映画】「フィフティ・シェイズ... >>