2013年 11月 07日

【映画】サミュエル・L・ジャクソン、スティーヴン・キング原作の「セル」に出演


穏やかな陽射しが落ちる秋の一日、ボストン午後3時3分。世界は地獄へと姿を変えた。《パルス》。そのとき携帯電話を使用していたすべての人々が、一瞬にして怪物へと変貌したのだ。残虐極まる行為もいとわず、犠牲を求め続ける凶悪な存在に――。目前で突然繰り広げられる惨劇、街中に溢れる恐怖。クレイは茫然としていた。いったい何が? 別居中の妻と息子は?

サミュエル・L・ジャクソンがジョン・キューザック主演、スティーヴン・キング(Stephen King)」の小説を映画化する「セル(Cell)」に出演する模様。

トッド・ウィリアムズが監督、制作は1月に開始予定。
脚色はキングとアダム・アレッカ、制作はリチャード・サパースタイン、マイケル・ベナローヤ、ブライアン・ウィッテン、制作総指揮はEdward Mokhtarian、Armen Aghaeianら。

サミュエル・L・ジャクソンはトム・マッコート(口ひげの小男 笑)、ジョン・キューザックはクレイ・リデル(グラフィック・ノヴェル作家。キューザックにピッタリ?)。
ゾンビがこんなに流行る前(あとスマホになる前)に映画化して欲しかった、というのは今更言っても仕方ないか(原書が出た当時、私は携帯未保有者!あ、でも今でも全く通話しないし 笑)。まあ、この話はキングなんでただのゾンビではないんですが。

原作
セル〈上〉 (新潮文庫) スティーヴン・キング 新潮社
セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57) スティーヴン・キング 新潮社

原作 おもな登場人物
クレイトン(クレイ)・リデル
シャロン クレイの妻
ジョニー ジョン・ギャヴィン・リデル クレイの息子
トマス(トム)・マッコート
ウルリッチ・アッシュランド 巡査
アリス・マックスウェル
ミスター・リカーディ フロント係
ジョーダン
チャールズ・アーダイ 校長
<ラゲディ・マン>
ダニエル(ダン)・ハートウィック
デニース・リンク
レイ・ホイゼンガ
[PR]

by hamchu | 2013-11-07 18:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18928652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2013-11-08 16:05
そういえば、「愛しき女は死せり」の映画化はどうなったんだろう…(チャールズ・アルダイつながり…)ジョナサン・レヴィンの次回作って何なんだろう…


<< 【Trailer】ウィンターズ...      【映画】ディズニーの「ジャング... >>