2005年 05月 06日

【映画】スーザン・クーパーのファンタジー「闇の戦い」シリーズも映画化へ

「ナルニア国物語」の製作会社Walden Mediaはスーザン・クーパーの「The Dark Is Rising Sequence」シリーズ全5作の映画化権を取得、シリーズ2作目の「The Dark Is Rising」を「キューティ・ブロンド」シリーズのマーク・プラットが製作する模様。

「The Dark Is Rising」は、イングランドの少年ウィルが11歳の誕生日に〈古老〉としての不思議な力に目覚め、<光>と<闇>の闘いに巻き込まれていくという、アーサー王伝説を下敷きにしたエピック・ファンタジー。

日本ではこのシリーズは「闇の戦い」シリーズとして、この2作目の「光の六つのしるし」から「みどりの妖婆」、「灰色の王」、「樹上の銀」が評論社から刊行。
本来シリーズ1作目である(はず)の「コーンウォールの聖杯」だけが学研から出ていました(今日、ちょうどこの本を図書館で見たばっかり。ああ~新装版で出てるんだよなあ、とかいって。エライ偶然じゃ。まあ、背表紙が目立つ感じなんですが 笑)。

そういえば、「ナルニア国物語」の予告編は5月8日に全世界でリリース予定(日本ではYahoo!ムービーで配信)。


原作 おもな登場人物
ウィル・スタントン
メリマン・リオン
ミス・グレイソーン
ホーキン
<騎手>
フランク・ドースン
ジョン・スミス
マギー・バーンズ
ロジャー・スタントン、アリス・スタントン
ジェイムズ、バーバラ、ロビン、ポール、グウェン、メアリー、マックス、スティーヴン

ライフログ
コーンウォールの聖杯 スーザン クーパー Susan Cooper 武内 孝夫 / 学習研究社
光の六つのしるし スーザン・クーパー 浅羽 莢子 / 評論社
みどりの妖婆 スーザン・クーパー 浅羽 莢子 / 評論社
灰色の王 スーザン・クーパー 浅羽 莢子 / 評論社
樹上の銀 スーザン・クーパー 浅羽 莢子 / 評論社
[PR]

by hamchu | 2005-05-06 14:13 | 映画・ニュース | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/1909227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 図書館で本を借りよう!〜.. at 2005-11-03 17:38
タイトル : 「光の六つのしるし-闇の戦い1-」スーザン・クーパー
「光の六つのしるし-闇の戦い1-」スーザン・クーパー(1981)☆☆☆☆★ ※[933]、海外、ファンタジー、ハイファンタジー、児童文学、光と闇、アーサー王伝説 <闇>の寄せ手が攻め来る時、 六たりの者、これを押し返す 輪より三たり、道より三たり、 木。青銅、鉄、水、火、石、 五たりは戻る、進むはひとり 児童文学、そしてファンタジーを語るとき、何度もぼくが言及してきた作品、それが今回久々に再読したこの作品。図書館で借りてきた本が昭和56年発行となっており、まさ...... more
Tracked from 夢庵 at 2006-05-06 21:54
タイトル : コーンウォールの聖杯
コーンウォールの聖杯 作者: スーザン クーパー 出版社/メーカー: 学習研究社 発売日: 2002/05 メディア: 単行本 ファンタジーが好きな私にとって、とても魅力的で、ゾクゾクして作品ですね。 アーサー王のことを巡り、子供たちが悪に立ち向かう、サスペンス風の物語でした。さて、アーサー王の物語を読んだことのない私が、宣伝のチラシに惹かれ思わず借りて読んでみたのですが、これが結構面白かったのです!アーサー王のことを知らなくても、ちゃんと説明してくれているので難なく読み終わることがで...... more
Commented by すの at 2005-11-03 17:41 x
こんにちは、はじめまして。勝手に、blogで紹介させていただきました。すみません。よろしく願います。
Commented by hamchu at 2005-11-03 20:56
こんにちは、すのさん、はじめまして。こちらこそ、紹介いただきましてありがとうございます。今後とも何卒よろしくお願いします。

この映画化、脚本がジョン・ホッジなので英国系の監督を期待したいのですが、どうでしょう?(名前を挙げればダニー・ボイル←ヒネリがないな)


<< 【映画】ブライアン・シンガーが...      【映画】ポール・ヴァーホーヴェ... >>