2013年 12月 17日

【TV】カール・ハイアセンの「Basket Case」、ロブ・ライナーがドラマ化へ


大物ロック歌手の変死事件を追い、死亡記事担当に左遷中の敏腕記者ジャックは深まる謎をかき回し、ついでにメディア王の奸計に挑む!

Spike TVはカール・ハイアセン(Carl Hiaasen)の「ロックンロール・ウイドー(Basket Case)」をドラマ化、ロブ・ライナーが監督、制作総指揮をつとめる模様。

「私はラブ・リーガル」のアレックス・トーブが脚色、Peter Gethers、Jeffrey Levine、Thom Beersらも制作総指揮。

ロブ・ライナーであればカール・ハイアセンでも大丈夫であろう、と私も何だか安心なのであります(ロブ・ライナーがフロリダっぽいかは別として)。

原作 ロックンロール・ウイドー (文春文庫) カール・ハイアセン 文藝春秋

原作 おもな登場人物
わたし ジャック・タガー 死亡記事欄記者
ジミー・ストマ(ジェイムズ・ブラドリー・ストマーティ) スラット・パピーズのボーカル
エマ ジャックの上司
ジャネット・スラッシュ ジミーの妹
クリオ・リオ(シンシア・ジェーン) ジミーの妻
カーラ・カンディーリャ
ジェイ・バーンズ キーボード奏者
リック・ターキントン 州検察官
ガーティ・ブラント
ジーン
ホアン・ロドリゲス わたしの親友、スポーツ記者
レース・マガット三世
マッカーサー・ポーク(ポーク翁)
エレン ポークの妻
ティート・ネグラポンテ ベーシスト
ロレアル クリオの愛人
アン わたしの元恋人、カーラの母
デレク・グリノーブル アンの恋人、スパイ小説家
エヴァン・リチャーズ 研修生
ピート 友人の検視官
アイク 元死亡記事欄記者
[PR]

by hamchu | 2013-12-17 22:40 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/19171828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】オマー・エップスがスリ...      映画原作関連ニュース Neve... >>