2013年 12月 19日

【映画】オマー・エップスがスリラー「One Small Mistake」に出演


ロージェルが別れた妻、リズのもとへ息子を送りとどけた翌日、二人は絞殺死体となって発見された。幼い息子は巻きぞえにあったとしても、リズに殺されるようなどんな秘密があったのか?ロージェルは秘かに生前のリズのことを調べはじめた。彼女は地元紙の身上相談の回答者をしていた。かすかな手掛りがそこにあった。“キャロル”という偽名で相談を持ちかけていた娘がいたのだ。キャロルはリズの殺害とどう結びつくのか?そして彼女はどんな秘密をリズに打ちあけていたのか?ロージェルはまずこの幻の女“キャロル”を見つけ出さなければならなかったが。

オマー・エップスがスリラー「One Small Mistake」に出演する模様。

Alexander Harveyが監督、Guy Bennettが脚色、原作はJ・F・コアトムール(Jean Francois Coatmeur)の小説「引き裂かれた夜(La Bavure)」

シュテファン・ライザー、フェリックス・ツァッコー、Dreamtool Entertainmentが制作。

原作 血塗られた夜 (角川文庫) J・F・コアトムール 角川書店

原作 おもな登場人物
アルベール・ロージェル
リズ(エリザベート・ロペール) ロージェルの元妻
セバスチャン ロージェルの息子
キャロル・リドニ
ダヴィッド・カドック 刑事
ナルジョー 警視
オリヴィエ・ファリエール 
レオン・ファリエール
ポール ロージェルの弟
ルポロン
ソフィー キャロルの姉
ジャック・ガラマンヌ 精神科医
ソランジュ 
ヴィッキ(ヴィクトリーヌ・ルマルシャン) ガラマンヌの愛人
[PR]

by hamchu | 2013-12-19 15:39 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/19183737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ブラッド・ピット、「G...      【TV】カール・ハイアセンの「... >>