2014年 02月 09日

【映画】ジョニー・デップ、「Black Mass」に出演へ


私好みのネタが湧いて出るベルリンの季節になりました!(笑)
今年は…復活ネタが多いのか?新作ネタが多いのか?
できればノンフィクションより小説のほうがいいな~と思う今日この頃(既に翻訳アリなら尚可)。

ジョン・コナリーとジェームズ・“ホワイティ”・バルガーは、サウス・ボストンの同じ街角で幼少時代を過ごした。数十年が経ち、二人は1970年代の中頃に再会する。その頃、コナリーはFBIボストン支局の実力者に、ホワイティはアイリッシュ・マフィアのゴッド・ファーザーになっていた。二人の間で禁断の密約が結ばれ、FBI史上最大のスキャンダルが始まったのは、その時だった―

ジョニー・デップがスコット・クーパー監督、トム・ハーディ出演?、5月から撮影予定の「Black Mass」に出演する模様。

原作はDick Lehr(ディック・レイア)とGerard O'Neill(ジェラード・オニール)のノンフィクション「密告者のゲーム―FBIとマフィア、禁断の密約(Black Mass: Whitey Bulger, The FBI, And A Devil's Deal」
脚色は Mark Malloukとジェズ・バターワース。

原作 密告者のゲーム―FBIとマフィア、禁断の密約 ディック・レイア、ジェラード・オニール 角川書店
[PR]

by hamchu | 2014-02-09 14:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/19444313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ジョン・トラヴォルタと...      映画原作関連ニュース Midn... >>