2014年 02月 10日

【映画】ジョー・R・ランズデールの「ボトムズ」、ビル・パクストンが映画化へ


80歳を過ぎた今、70年前の夏の出来事を思い出す―11歳のぼくは暗い森に迷い込んだ。そこで出会ったのは伝説の怪物“ゴート・マン”。必死に逃げて河岸に辿りついたけれど、そこにも悪夢の光景が。体じゅうを切り裂かれた、黒人女性の全裸死体が木にぶらさがっていたんだ。ぼくは親には黙って殺人鬼の正体を調べようとするけど…

ビル・パクストンがジョー・R・ランズデール(Joe Lansdale)の「ボトムズ(The Bottoms.)」を映画化する模様。

「フレイルティー/妄執」のブレント・ハンレイが脚色、エミリー・ジョルジュ、Nicholas Kaiser、Naima Abedらが制作、ブラッド・ワイマンが制作総指揮、今年後半に撮影予定。

銀座シネパトスで「フレイルティー」を見たことが懐かしく思い出されますが、ビル・パクストンって昔からちょっと面白いな(だいたい忘れてるんですが見ると出てたんだよね、とか思いだす、「エイリアン2」や「プレデター2」 笑)。
最近の「Hatfields & McCoys」もあのひげばっかりが気になっちゃって…

原作 ボトムズ (ハヤカワ・ミステリ文庫) ジョー・R・ランズデール 早川書房
[PR]

by hamchu | 2014-02-10 18:20 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/19449113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】ジョン・スコルジーの「...      【映画】クリストフ・ヴァルツ、... >>