2014年 11月 10日

【Trailer】 In the Heart of the Sea 復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇


ナサニエル・フィルブリック(Nathaniel Philbrick)の「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をロン・ハワードが監督した「In the Heart of the Sea」のTrailer!



こういうふうに映画にしたのか~という映像ですが、やはり船の上の物語(船員ばっかり)ということでキャラクター、誰が誰だかわかんないや。


In the Heart of the Sea 15年米
監督:ロン・ハワード
脚色:チャールズ・リーヴィット
制作総指揮:ブルース・バーマン、サラ・ブラッドショー、パラク・パテル
制作:エドワード・ズウィック、ブライアン・グレイザー、ジョー・ロス、ポーラ・ワインスタインほか
音楽:Roque Banos
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
原作:復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇 ナサニエル・フィルブリック 集英社
出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、トム・ホランド、ベン・ウィショー、キリアン・マーフィー

【関連】
【映画】エドワード・ズウィック、ナサニエル・フィルブリックの「復讐する海」を映画化? 09年3月11日
【映画】「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」映画化、ベンジャミン・ウォーカーも出演? 13年5月4日

原作 おもな登場人物
トマス・二カーソン キャビン・ボーイ (トム・ホランド)
バージライ・レイ (エドワード・アシュレイ)
オウエン・チェイス 一等航海士 (クリス・ヘムズワース)
チャールズ・ラムズデル
ジョージ・ポラード・ジュニア (ベンジャミン・ウォーカー)
サミュエル・リード
リチャード・ピーターソン (Osy Ikhile )
ローソン・トマス
チャールズ・ショーター
アイザイア・シェパート (Morgan Chetcuti )
ウィリアム・ボンド (ゲイリー・ビードル)
ヘンリー・デウィット
オウエン・コフィン (フランク・ディレイン)
マシュー・ジョイ 二等航海士 (キリアン・マーフィー)
ベンジャミン・ロレンス 舵手 (ジョゼフ・マウル)
トマス・チャペル 舵手 (ポール・アンダーソン)
セス・ウィークス
ウィリアム・ライト (Luca Tosi)
オービット・ヘンドリックス
アイザック・コール (ジェイミー・シーヴェス)
ジョゼフ・ウェスト
ポール・メイシー 出資者 (ドナルド・サンプター)
[PR]

by hamchu | 2014-11-10 03:00 | Trailer・HP | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/20365903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2015-11-02 19:29
16年1月16日公開予定「白鯨との闘い」(このタイトルもなあ)
原作も集英社文庫から12月17日同タイトルにて。
Commented by hamchu at 2016-01-14 08:04
タイトルにもだんだん馴染んで違和感なく公開を迎えられそうなんですが…

3D難民となって見に行く劇場が決まらない!
地元館は珍しくTHXで3Dなんだけど上映1回、18時以降(次の日学校の小学生にはキビシイ終わりの時間)。
TOHO系はすべて3D上映なし(これが一番痛い)。
ユナイテッド系、頼みの豊洲、許容範囲であるが時間がいま一つ(としまえんははやすぎ 笑)。
シネプレックス系はメガネが重いのでメガネ二重着用者にはキツイ(ピカデリーも 笑)。
この分だとユナイテッド浦和が一番いいのではないかと思うのですが…(パルコの株主優待券があるんだけどネット予約は使えないからなあ)
Commented by hamchu at 2016-01-17 16:23
またまた結局のところ浦和で見ました(この分だと来週の「ザ・ウォーク」も浦和のIMAXでないか)。
浦和のユナイテッドには初めて行ったんですが浦中なるローカルCMと葬祭系CM(セレモニー?聞いたことなかったんだけどこれも浦和系?)が非常に新鮮でございました。
シネコンによってこういう地域色のあるCMってかかってるもんなんですか?(富士見のTOHOにはなかったような気がしますねーちなみにイオン板橋には練馬区CMがかかってた時がありました)
さて、これはいろんなところに行ってみるべきなのか。行き当たりばったりではかなり大変ですが(笑)。
Commented by hamchu at 2016-01-21 18:23
「ザ・ウォーク」は記事を入れるタイミングを逸したまま~(あちゃちゃ~)
やっぱり地元3Dは時間が合わず、土曜の天気予報も今一つなことからユナイテッドシネマとしまえん、3時台のIMAXに決定!
ちびっこはすごく楽しみにしてるんですがドラマの間合いとか大丈夫ですかね(予告はドラマチックなとこばっかりだし 笑)。
実は小学校低学年の映画鑑賞にネックなのは字幕の難しい言い回しと静かな場面だったり!(そういうとこが退屈になってお尻が痛くなるわけです)まあ、3Dだし大丈夫ですかね(でも慣れてきてるからなあ、このごろ)。
Commented by kristin at 2016-01-21 19:22 x
由緒正しき映画好きを育てるべく、日々実践してらっしゃいますね。素晴らしい!
関係ありませんがはむちゅうさんちのおちびちゃんと私と桑田圭祐は誕生日が一緒でしょうか^^。
ドキュメンタリーの「マン・オン・ワイヤー」がとてもよかったので今度の「ザ・ウォーク」は観てもな~と思っていましたが雑誌他の評価は高いですね。どうしようかな~。
Commented by hamchu at 2016-01-22 07:26
kristinさん、こんにちは、そして…大間違いに気づかせていただいてありがとうございます!
あろうことか私は自分の子どもの誕生日を間違えて覚えていたこと判明!
何かふと???と思って母子手帳を見たところ1日ずれているじゃないの(本当はkristinさん&桑田圭祐さんのお誕生日の前の日!)。しかも間違えていたのは今回だけでなく、カレンダーや手帳もしっかり…予防接種控えも間違っているモノがあるなどかなり重症でございました。
判明したのが今月でよかった(鉛筆じゃなくペンで書いちゃってるよ、シールとか紙貼ってごまかすしかないよ)kristinさんには本当に感謝感謝です。

「マン・オン・ワイヤー」よかったですよね。
あれと原作の本を何だか無駄に知っているので、観る前から「ザ・ウォーク」はやだなあ、どうかなあとか思ってしまうのですが(笑)子供は全然抵抗ない、という。前から「大人でも気持ち悪くなった人いるらしいよ」と言ってたんですが、なぜか大丈夫だそうで(なんなんだその自信は)。3D用の予告がすごく面白くできててこりゃ見たくなるのもわかるんですが。
kristinさんは是非4D系でご覧になってみてください。たぶん風吹くよね、いっぱい(笑)。
Commented by hamchu at 2016-01-23 19:27
「ザ・ウォーク」についてここに書いてるのも何なんですが、本編はアラン・シルヴェストリ(だよね?)の音楽も調子よくシーンもテンポよく進んで全然OK!(ためなし。笑 それに私らはバカとなんとかで高いとこは平気ですな。ワイヤーは渡れないけど下はのぞいちゃいますね、きっと)

ただしIMAXシアターの特性、下の方が見えにくいというところがあちゃちゃ~でございました(大人の私でも前の人の頭や席が引っかかってます、字幕すらアブナイ)。いや、これも考えてはいたんですがイマドキのシネコン、大丈夫なもんと思ってたもんでね~
ほぼ満員だと気持ち傾斜が足りない感じなのかな~(私も普通に座ればいいんだけど後ろの方の邪魔になってはいけませんからなあ)。
これも別のところにも行ってみませんと(次は「火星の人」で新宿のTOHOかしら)。早めに席を確認してもしもの時は子供用座布団もう一つゲットしないとね(重ねてもまだ席から頭は飛び出ません 笑)。


<< 映画原作関連ニュース Neve...      【映画】オリヴァー・プラット、... >>