2015年 05月 25日

【映画】「Truth and Duty」映画化、ロバート・レッドフォード、ケイト・ブランシェット出演


Sony Pictures Classicsはロバート・レッドフォード、ケイト・ブランシェット出演の「Truth」の北米権利を取得した模様。

原作はMary Mapesの書籍「Truth and Duty: The Press, the President, and the Privilege of Power」

レッドフォードはダン・ラザー、ブランシェットは作者のMapesの役のようです。
エリザベス・モス、トファー・グレイス、デニス・クエイドも出演、「アメイジング・スパイダーマン」、「ホワイトハウス・ダウン」の脚本家ジェームズ・ヴァンダービルトが監督。

ブラッドリー・J・フィッシャー、ウィリアム・シェラック、ヴァンダービルト、ミケル・ボンドセンがブレット・ラトナー、ダグ・マンコフ、Andy Spauldingと制作、ジェームズ・パッカー、スティーヴン・シルヴァ―、ニール・タバツニックが制作総指揮。

原作 Truth and Duty: The Press, the President, and the Privilege of Power Mary Mapes SMP Paperback; Reprint版
[PR]

by hamchu | 2015-05-25 02:31 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/21262000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】「灰色の地平線のかなた...      【映画・TV】リザ・スコットラ... >>