2015年 06月 02日

【映画】「ベルリンに一人死す」映画化、主要キャスト


1940年、ベルリンの街はナチスの恐怖政治に凍りついていた。政治のごたこたに関わらないよう静かに暮らしていた職工長オットー。しかし一人息子の戦死の報せを受け取ったのち、彼と妻アンナは思いもかけぬ抵抗運動を開始する。ヒトラーを攻撃する匿名の葉書を公共の建物に置いて立ち去るのだ。この行為はたちまちゲシュタポの注意をひき、命懸けの追跡劇が始まる…

ハンス・ファラダ(Hans Fallada)の「ベルリンに一人死す」をヴァンサン・ペレーズ監督、エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン主演で映画化する「Alone in Berlin」の撮影が3月後半から開始されている模様。

ありがたいことに翻訳版が出てくれましたが、判明分のキャストは
オットー・クヴァンゲル (ブレンダン・グリーソン)
アンナ オットーの妻 (エマ・トンプソン)
エヴァ・クルーゲ (Katrin Pollitt )
エンノ・クルーゲ (ラルス・ルドルフ)
パルドゥル・ペルジャッケ (Sammy Scheuritzel )
プラル 親衛隊大将 (カエル・パーシュブラント)
エッシェリヒ警部 (ダニエル・ブリュール)
まだまだ主要キャラはいるはずなので判明次第入れていきたいと思います。

【関連】
映画原作関連ニュース Maya Lord、All The Old Knives、The Black Count… 14年5月7日
映画原作関連ニュース The Wife、The Intern's Handbook、Alone in Berlin… 14年5月22日

原作 ベルリンに一人死す ハンス・ファラダ みすず書房
[PR]

by hamchu | 2015-06-02 07:48 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/21299683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】ティム・マッグロウ、T...      【映画】「The Girl o... >>