2015年 06月 29日

【映画】「14歳、ぼくらの疾走: マイクとチック」映画化へ


きみは、どこから来たの。どこにむかって、ぼくらは歩いているの、今。人が旅をするのは、なんのためなの。50年後のぼくらは、どう生きているのだろう…っていうか、明日は…?

StudiocanalはDavid Wnendt監督、ヴォルフガング・ヘルンドルフ(Wolfgang Herrndorf)の小説「14歳、ぼくらの疾走: マイクとチック」を映画化する「Tschick」の配給権を取得した模様。

マルコ・メーリッツ、Susa Kuscheが制作、撮影はこの夏ベルリン、ブランデンブルク等で行われ、16年9月16日独で公開予定。

この本、私には非常に読みにくくまた何だか共感しにくく…(つらかった 笑)
David Wnendtは「湿地帯」、そして「帰ってきたヒトラー」映画版の監督であります。

原作 14歳、ぼくらの疾走: マイクとチック (Y.A.Books) ヴォルフガング・ヘルンドルフ 小峰書店

原作 おもな登場人物
マイク・クリゲンベルク
チック アンドレイ・チチャチョフ
タチャーナ・コージッチ
アンドレー・ランギン
ヴァーゲンバッハ先生
イザ
[PR]

by hamchu | 2015-06-29 05:34 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/21392822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2017-05-15 16:26
タイトル「50年後のボクたちは」(監督はファティ・アキン)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかで9月16日より公開予定。


<< 【TV】アンディ・マクナブのベ...      【映画】ヴィクトール・E・フラ... >>