2015年 08月 15日

【映画】ミシェル・ドッカリー、「終わりの感覚」映画化に出演へ


穏やかな引退生活を送る男のもとに、見知らぬ弁護士から手紙が届く。日記と500ポンドをあなたに遺した女性がいると。記憶をたどるうち、その人が学生時代の恋人ベロニカの母親だったことを思い出す。託されたのは、高校時代の親友でケンブリッジ在学中に自殺したエイドリアンの日記。別れたあとベロニカは、彼の恋人となっていた。だがなぜ、その日記が母親のところに?―

ミシェル・ドッカリーがジュリアン・バーンズ(Julian Barnes)の小説「終わりの感覚」を映画化する「The Sense of an Ending」に出演する模様。

「めぐり逢わせのお弁当」のリテーシュ・バトラが監督、Nick Payneが脚色。

ジム・ブロードベント、シャーロット・ランプリング、ハリエット・ウォルター、エミリー・モーティマー、Billy Howle、Freya Mavor、Joe Alwynも出演、英で8月16日から撮影開始予定。

デヴィッド・M・トンプソンらが制作。

ジム・ブロードベント(今日下の1年生と「ビッグ・ゲーム」見に行ったら面白い役で出ていましたなあ)がトニー(晩年)の役(その他キャスティングはまだ不明)。
ブロードベントはトム・ロブ・スミス脚色のTVM「London Spy」にも出てるんですが、これにはシャーロット・ランプリングもハリエット・ウォルターも出てるんだな…

原作 終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス) ジュリアン・バーンズ 新潮社

原作 おもな登場人物
私 トニー・ウェブスター
エイドリアン・フィン
ジョー・ハント 歴史教師
フィル・ディクソン 国語教師
アレックス
コリン
ベロニカ・メアリ・エリザベス・フォード
フォード氏
ジャック
セーラ・フォード

マーガレット トニーの元妻
スージー トニーの娘
ガネル氏
テリー 介護士
エイドリアン
[PR]

by hamchu | 2015-08-15 19:53 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/21550766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TVM】アンジェリーナ・ジョ...      【映画】キム・ベイシンガー、マ... >>