2015年 09月 03日

【映画】ルーク・トレッダウェイ、映画版「ボブという名のストリート・キャット」に出演へ


路上生活・薬物中毒・夢に破れ絶望の中にいた青年(ジェームズ・ボーエン=著者)と茶トラの野良猫ボブ。
運命的に2人は出会い、支え合い、互いの人生を変えていく…!

ルーク・トレッダウェイとルタ・ゲドミンタスが映画版「ボブという名のストリート・キャット(A Street Cat Named Bob: And How He Saved My Life)」に出演する模様。

原作はジェームズ・ボーエン(James Bowen)の同名ベストセラー手記、監督はロジャー・スポティスウッドで制作開始予定。

脚色はティム・ジョン、 Adam Rolstonが制作、ティム・スミス、ポール・ブレットが制作総指揮。

ところでこのメチャクチャ可愛らしいトラネコ、ボブの名前の由来をご存知ですか?
私なんかボブとかいうと無条件にこのTVシリーズのキャラクターを思いだしちゃうんですが(だから著者のキャラ説明は何となく納得いかない 笑)。
っていうか何だかジェームズ・ボーエンの方が似てない?あのボブ(髪型だけ?)。

原作 ボブという名のストリート・キャット ジェームズ・ボーエン 辰巳出版

原作 おもな登場人物
ぼく ジェームズ・ボーエン
ボブ
ベル
ディラン
サム
スティーヴ
ローズマリー
ジェームズの母
ヴァニカ
[PR]

by hamchu | 2015-09-03 08:21 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/21608864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ジョニー・シモンズが「...      【映画】ダニエル・ブリュール、... >>