2015年 10月 01日

【映画】レイチェル・ワイズとサム・クラフリン、「レイチェル」に出演へ


亡き父に代わり、わたしを育てた従兄アンブローズが、イタリアで結婚し、急逝した。わたしは彼の妻レイチェルを恨んだが、彼女に会うやいなや、心を奪われる。財産を相続したら、レイチェルを妻に迎えよう。が、遺された手紙が、想いに影を落とす…アンブローズは彼女に殺されたのか?

レイチェル・ワイズとサム・クラフリンがFox Searchlightの「My Cousin Rachel」リメイク版に出演する模様。

原作はダフネ・デュ・モーリア(Daphne Du Maurier)の同名小説「レイチェル」

オリジナルの「謎の佳人レイチェル」は日本未公開(オリヴィア・デ・ハヴィランド、リチャード・バートン出演、ヘンリー・コスター監督)。80年代にはミニシリーズ化されていて、ジェラルディン・チャップリンがレイチェル、クリストファー・ガードがフィリップというキャスティング。

今回は「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェルが監督。

レイチェル・ワイズにはデボラ・E.リップシュタット(Deborah E. Lipstadt)の「History on Trial」映画化「Denial」に出演するという話もあり(デヴィッド・ヘア脚色、ミック・ジャクソン監督。【映画】ヒラリー・スワンクとトム・ウィルキンソン、「Denial」に出演)。

「Denial」の方が先、「レイェル」が後、という感じのようですが…

原作 レイチェル (創元推理文庫) ダフネ・デュ・モーリア 東京創元社

原作 おもな登場人物
わたし フィリップ・アシュリー
アンブローズ フィリップの従兄
ライナルディ
レイチェル・コリンズ・アシュリー
ニック・ケンダル フィリップの教父
ヒューバート・パスコー 牧師
シーカム 執事
ウェリントン 御者
ルイーズ ニックの娘
ジュゼッペ 使用人
タムリン 庭師頭
サム・ベイト
コラモ・サンガレッティ伯爵
ウィルフレッド・チューイン 弁護士
パスコー夫人
[PR]

by hamchu | 2015-10-01 11:50 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/21697199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2016-02-19 18:31
ホリデイ・グレインジャーが出演最終交渉中らしいです。
Commented by hamchu at 2016-10-18 17:06
17年5月5日に公開予定日が設定。


<< 【映画】「ピルグリム」映画化、...      【映画】「トレインスポッティン... >>