2016年 01月 11日

【TV】ティム・ドーシーの「フロリダ殺人紀行」TVシリーズ化へ


務所仲間のサージとコールマン、そしてコカイン中毒者シャロンの三人は、悪徳歯科医の指を無理やり切断し、彼の保険金五百万ドルを騙し取ろうと企む。保険金がおりたまではよかったが、当の歯科医がその金を持ったまま逃走したのだ。逆上した三人は歯科医の追跡を開始するが、道中、三人はヤクや酒をやりたいほうだい。行く先々で住人を巻き込んだ殺人が勃発する。フロリダ半島中部の街タンパから始まり南端のキー・ウエストまで死体を点々と残しながら、ハチャメチャな追走劇が展開される。

Sonar Entertainmentはティム・ドーシー(Tim Dorsey)のフロリダが舞台のミステリーシリーズSerge Storms novelsのオプション権を取得、「フロリダ殺人紀行(Florida Roadkill)」のタイトルでTVシリーズ化する模様。

Evan Endicott、Josh Stoddardが脚色、制作総指揮、ジェニファー・イーツ、Danny Davids、ニール・キャントンが制作総指揮。

ティム・ドーシーのシリーズはフロリダミステリーファンとしては特に観光案内的に絶対に外すことのできないものなのですが、日本では1作目の「フロリダ殺人紀行」しか翻訳されていない状況。
ただし、私はカール・ハイアセンの作品より何故かハマれなかったんですよね(ずっとなんでだろう、と思ってたんだけど、あれかな、主人公のサージ、どっちかというとADHD系だからかな。多分脳内物質の比重が反対なんであんまりシンクロしないんですよね)。

ドラマ化されても残りの本が日本語になるかはかなりアヤシイですが(こういうのあんまり一般受けしないんですよね)、妄想フロリダ好きとしてはドラマ化は大歓迎。名所マップもアップされて欲しいもんです。

原作 フロリダ殺人紀行 (扶桑社ミステリー) ティム・ドーシー 扶桑社

原作 おもな登場人物
サージ・A・ストームズ
コールマン(シーモア・ブンスン)
シャロン・ローズ
ショーン・ブリーン 広告会社重役
デイヴィッド・クライン 検事補
ジョージ・ヴィール 歯科医
スーザン・チョウピトラウス 警官
モウ・グレナディン 上院議員・私立探偵
フレッド・マクジャガー
マックス・ミニマム
スティンキー
チーズ・ディック
リングワーム
[PR]

by hamchu | 2016-01-11 09:42 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/22134554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ゴールデン・グローブ賞 結果発表!      【映画】ジェラール・ドパルデュ... >>