2016年 01月 29日

【映画】フレデリック・フォーサイスの「時をこえる風」映画化へ


西部開拓時代を舞台に、ネイティブ・アメリカンの娘と騎兵隊の男の一途な恋の逃避行を描く…

Friends of Filmがフレデリック・フォーサイス(Frederick Forsyth)の中編小説「時をこえる風(Whispering Wind)」を映画化、 Robert Sternが制作、脚色予定。

原作はえっ、これがフォーサイス?と思うような作品ですが(女性のロマンス小説家だったら違う結末になったかも)、これを映画化したい、というのはよくわかります。
あとがきにある配役のイメージはなるほど~という感じですが、この製作規模ではこのランクの俳優がキャスティングされることは絶対ないですな(日本での公開もかなりアヤシイですね)。

原作 囮たちの掟―Forsyth Collection〈2〉 (角川文庫) フレデリック・フォーサイス 角川書店

原作 おもな登場人物
ベン・クレイグ フロンティア・スカウト
ブラドック軍曹
ジョージ・アームストロング・カスター将軍
ドナルドスン
ささやく風(ウィスパリング・ウィンド)
ルイス憲兵軍曹
リトル・ウルフ
クレイジー・ホース
シッティング・ブル
ツウ・ムーン
トール・エルク

ジョン・イングルズ教授
シャーロット・べヴィン(チャーリー・マーム)
リンダ・ピケット
マイケル・ピケット
ウィリアム・(ビッグ・ビル)・ブラドック
ポール・ルイス保安官
ケヴィン
マックス
[PR]

by hamchu | 2016-01-29 07:17 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/22309177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kristin at 2016-02-25 22:20 x
はむちゅうさんのコメントを読んで早速読みました。「ダンス・ウィズ・ウルヴズ」をイメージしてましたがいや~そういう展開とは。面白かったです。女性のロマンス小説家だったら・・・ふたりで元の場所に戻ることができて~という結末でしょうかね。
花嫁をかっさらう青年の名前は「卒業」と引っ掛けていたのかどうか気になります(笑)。
Commented by hamchu at 2016-02-26 08:24
映画になったら絶対思い浮かんじゃいますね、「ベーン!」って(笑)。

アカデミー賞を控えてふと「レヴェナント」のこういうのもできそうな気がしました(蘇る時代間違えちゃった、って 笑)。


<< 【映画】Andrew Mich...      【TV】フィリス・ナジー、「T... >>