2016年 02月 08日

【映画】ケヴィン・スペイシー、「Rebel in the Rye」に出演へ


『キャッチャー・イン・ザ・ライ』によって全世界的に知られる作家となったサリンジャー。1965年に最後の作品を発表して以降、沈黙を守りつづけ、2010年に91年の生涯を閉じた。 本書は死後初めてとなる伝記で、『ナイン・ストーリーズ』『フラニーとゾーイー』などの代表作をはじめ、単行本未収録の初期短編や未発表作品まで網羅的に紹介。同時に、ノルマンディー上陸作戦での従軍体験、ウーナ・オニールとの恋と破局、最初の結婚、出版社やマスコミとの軋轢……謎につつまれた私生活を詳らかにしていく。 膨大な資料を渉猟し、緻密な追跡調査を行い、さまざまな新事実をあきらかにしたサリンジャー評伝の決定版!

ケヴィン・スペイシーがニコラス・ホルト出演の「Rebel in the Rye」に出演する模様。

ケネス・スラウェンスキー(Kenneth Slawenski)の伝記「サリンジャー ―生涯91年の真実(JD Salinger: A Life)」をダニー・ストロングが脚色。

ニコラス・ホルトがサリンジャー、ケヴィン・スペイシーはウィット・バーネットを演じる予定。

モリー・スミス、トレント&サッド・ラッキンビル、ブルース・コーエンらが制作。

原作の書籍はなかなか面白い本なのですが、この手のモノを読みなれた人ならおや?っと思うかもしれません(娘マーガレット・A・サリンジャーの「我が父サリンジャー」を読んでいると特に)。通常の研究書、伝記の類とは作者のスタンスが少し違う、というか。
サリンジャー物は競合企画であったはずなので、色々見てみたいものです。

原作 サリンジャー ――生涯91年の真実 ケネス・スラウェンスキー 晶文社

原作 おもな登場人物
J・D(ジェローム・デイヴィッド)・サリンジャー
ミリアム・ジリック 母
ソロモン(ソル) 父
ドリス 姉
ウィット・バーネット
エリザベス・マレー
ウーナ・オニール
ドロシー・オールディング
シルヴィア・ルーイゼ・ヴ―ルター
A・E・ホッチナー
ウィリアム・マックスウェル
ガス・ロブラーノ
ジェイミー・ハミルトン
コージーン・レイナル
クレア・アリソン・ダグラス
マーガレット・アン(ペギー) 娘
ビリングス・ラーニド・ハント
イアン・ハミルトン
マシュー・ロバート 息子
ヴィリアム・ショーン
ジョイス・メイナード
コリーン・オニール
フィリス・ウェストバーグ
[PR]

by hamchu | 2016-02-08 08:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/22391589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2016-03-17 14:39
ヴィクター・ガーバーがソル・サリンジャー役で出演する模様。またゾーイ・ドゥイッチがウーナ・オニールみたいですね。


<< 【映画】ロバート・リンゼイの「...      【TV】「人間と動物の病気を一... >>