2016年 02月 09日

【映画】Warner Bros、「つらいのが僕でよかった」を映画化へ


骨肉腫に侵され、18歳でこの世を去った少年、ザック。彼が残した美しい別れの曲、「クラウズ(Clouds)」はラジオやYouTubeを通じて世界中の人々に感動をもたらし、やがてヒットチャートを駆け上がった―。

Warner Bros.はローラ・ソビアック(Laura Sobiech)の書籍「つらいのが僕でよかった(Fly a Little Higher)」の映画化権を取得、ジャスティン・バルドーニが監督、製作する模様。

ケイシー・ラ・スカラが脚色予定。

原作 つらいのが僕でよかった ローラ・ソビアック サンマーク出版
[PR]

by hamchu | 2016-02-09 13:10 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/22401830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【Crip】Alone in ...      【映画】ロバート・リンゼイの「... >>