2005年 09月 19日

全米映画興行収益 速報 05年9月19日 リース・ウィザースプーンのロマコメが初登場1位!

a0000270_21520.jpg今週は初登場のロマコメ「Just Like Heaven」が$16.5Mで1位に輝きました。
監督は「ミーン・ガールズ」、「フォーチュン・クッキー」のマーク・S・ウォーターズ、主演はリース・ウィザースプーン、マーク・ラファロ。
原作はマルク・レヴィの「夢でなければ」(早川書房) 女性に特にお薦めのファンタジック・ラブ・ストーリーです。
【Trailer】リース・ウィザースプーンのロマンチック・ファンタジー 「夢でなければ Just Like Heaven」

表紙 夢でなければ マルク レヴィ Marc Levy 藤本 優子 / 早川書房

2位は先週からワンランクダウン「The Exorcism of Emily Rose」
3位は初登場「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督の新作、ニコラス・ケイジ主演の「Lord of War」となりました。
また「皇帝ペンギン」が先週10位から9位へ。劇場数が753館に増えたラッセ・ハルストレム監督の「An Unfinished Life」(原作はマーク・スプラッグの「果てしなき日々」)が先週16位から11位に浮上。

その他の初登場ではホラー「Cry Wolf」が1790館、5位。
「Venom」は489館、暫定20位、$501,000。
ティム・バートンの「コープス・ブライド」は5館$411,000で暫定22位(アベレージ$82,200!)。
「The Thing About My Folks」 93館 $266,000
「Proof」 8館 $201,000
「Thumbsucker」 9館 $93,600
「Everything Is Illuminated」 6館 $73,600
「Separate Lies」 2館 $23,200

9月16日-18日
1位 Just Like Heaven $16.5M
2位 The Exorcism of Emily Rose $15.3M
3位 Lord of War  $9.2M
4位 The 40 Year-Old Virgin $5.8M
5位 Cry Wolf $4.6M
6位 トランスポーター2 $4.0M
7位 The Constant Gardener $3.7M
8位 Red Eye  $2.9M
9位 皇帝ペンギン  $2.6M
10位 Wedding Crashers  $2.5M

9月23日からはジョディ・フォスター主演、ロベルト・シュヴェンケ監督の「フライトプラン」(日本では正月第二弾公開予定)、スパイク・リーの従兄弟マルコム・D・リー監督のコメディ「Roll Bounce」拡大公開予定。

限定ではロマコメ「Dirty Love」、ルイス・マンドーキ監督の「Innocent Voices」、デヴィッド・クローネンバーグ監督、ヴィゴ・モーテンセンの「A History of Violence」などが公開予定。
また、ロマン・ポランスキー監督の「オリバー・ツイスト」がNY・LAで先行スタート(「A History of Violence」、「オリバー・ツイスト」などは30日から拡大公開予定)。
[PR]

by hamchu | 2005-09-19 10:09 | 興収成績 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/2254262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from シネマモルツはてな支局 at 2005-09-24 00:52
タイトル : Just Like Heaven
[http://www.justlikeheaven-themovie.com/:title=【Just Like Heaven】] [http://www.comingsoon.net/boxoffice/2005/sept16.php:title=9月16日〜18日、公開1週目にして、第1位。] [http://www.comingsoon.net/films.php?id=7034:title=予告編とクリップ(ネタばれが嫌いな人は見ないでね)] 聞くところによると観客の70%以上が...... more
Tracked from blog.ayakama.. at 2005-10-08 05:38
タイトル : Lord of War
 映画を見終わって\"戦争は終わらない\"そう思ってしまう映画でした。 そもそもなんで戦争がなくてはならないのか、地球の裏はどうなっているのか、 見なくてはいけない問題を、わかりやすく、じっくり考えさせられる作品でした。 ニコラスケイジのポジションもなくてはならない場所で、世界は延々と輪廻している。 何かが欠けてしまうと、バランスがぐちゃぐちゃと崩れいき、最後には全て壊れていく。 日本は戦争と銃から随分と掛離れてしまっている。だからこそ戦争ボケというのか、 幸せボケ...... more


<< 第57回 エミー賞 ミニシリー...      映画原作関連ニュース Adam... >>