2016年 06月 23日

【Trailer】パンドラの少女 The Girl with All the Gifts


奇病の爆発的な蔓延“大崩壊”から二十年。人間としての精神を失い、捕食本能に支配された“餓えた奴ら”により、文明世界は完全に崩壊していた―。荒廃したイギリスの街で発見された、奇跡の少女メラニー。もたないはずのものをもつ健気な彼女は、この世界の救世主となりうるのか?ロンドンの北の軍事基地で、メラニーと、同じような特徴をもつ子供たちへの教育・研究が進められるなか、緊急事態が勃発。メラニー、彼女が大好きな教師、科学者、兵士ふたりの極限の逃避行がはじまる。



M・R・ケアリー(M. R. Carey)のベストセラー小説「パンドラの少女」をジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダイン出演で映画化、「The Girl with All the Gifts」のTrailerが登場!

予告を見る前に原作を日本語で読めた!(笑)
この原作、今年前半の私の一推し本なんであります。
これ読んでるときからダン・シモンズの「最後のクラス写真」をとにかく思い浮かべたんですが、ゾンビ好きならやっぱりみんな同じこと考えますよね(笑)。
映像を見ての第一印象はメラニーはちょっと顔色良すぎないかい?(生気がありすぎ)というもの(ほかの人たちもそうなんですけどね)。そして日本でのレイティングは如何に?
公開が楽しみです。

The Girl with All the Gifts 16年英・米
監督:コーム・マッカーシー
脚色:M・R・ケアリー
制作総指揮:ウィル・クラーク、リチャード・ホームズ、アンディ―・メイソン、クリストファー・モル
制作:Camille Gatin、アンガス・ラモント
音楽:Cristobal Tapia de Veer
撮影:サイモン・デニス
原作:パンドラの少女 M・R・ケアリー  東京創元社
出演:Sennia Nanua、ジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダイン、Fisayo Akinade

【関連】
【映画】グレン・クローズ、「The Girl With all the Gifts」に出演へ 15年3月27日

原作 おもな登場人物
メラニー (Sennia Nanua)
ミス・ジャスティノー(ヘレン・ジャスティノー) (ジェマ・アータートン)
軍曹(エディ・パークス) (パディ・コンシダイン)
ドクター・コールドウェル(キャロライン・コールドウェル) (グレン・クローズ)
K(キーラン)・ギャラガー一等兵 (Fisayo Akinade)
ミスター・ウィテカー
ドクター・セルカーク(ジーン・セルカーク) (アナマリア・マリンカ)

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-23 07:39 | Trailer・HP | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/22931324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2017-03-17 14:14
邦題「ディストピア パンドラの少女」7月1日より新宿バルト9ほか全国順次公開予定!
「クリミナル」や「ナイスガイズ!」のような作品もバルト9だと結構人が入っていて上映期間も長めに設定されたりホント助かります(音も大きいですしね)。
3連休は武蔵野館→TOHOシネマズ新宿→バルト9と新宿ばっかり(日曜はIMAXのシングだけどほかはモアナよりアクション映画が見たいんだそうです。でなぜか二週連続ゲイリー・オールドマン… 笑)。
Commented by hamchu at 2017-03-21 08:53
日本版予告で確認!レイティングPG-12!(理由は人体損壊?もしかして違ったりして?)


<< 【映画】「臨死 そして与えられ...      【映画】StudioCanal... >>