2016年 06月 26日

【映画】「臨死 そして与えられた二度目の人生」映像化へ


北ケンタッキー大学の元芸術学部長で芸術家だったハワード・ストーム。かつて完全な物質主義者で無神論者であったが、1985年6月1日に臨死体験をし、黄泉・地獄の淵に行く。そこにいた生きものとは?そこに救出に来た人物とは?ハワードはその後人生が180度変えられ、牧師となる。人間とはなにか?死んだらどうなるのか?天地万物はどこからきたのか?なぜ、世の中に戦争が起こるのか?なぜ、ホロコーストが起きたのか?なぜ、神は酷いことが起きることを許されるのか?地球の未来の姿はどうなるのか?善良な人に悪いことが起きるのはどうしてか?これらはハワードが臨死体験をした時に、直接天にいる聖なる者たちに聞いた質問である。これらの質問に答えが与えられるなら、生きることは、もっと意味のあるものとなるだろう。彼らが与えたその答えとは?

Alcon Entertainmentはハワード・ストーム(Howard Storm)の書籍「臨死 そして与えられた二度目の人生(My Descent Into Death)」の権利を取得、Jinder Hoが脚色予定。

「幸せのちから」のマーク・クレイマン、アンドリュー・コソーヴらが制作。

原作 臨死 そして与えられた二度目の人生 ハワード・ストーム リーハイバレージャパニーズミニストリーズ; 初版

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-26 17:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/22941646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】アリソン・ハニガンとメ...      【Trailer】パンドラの少... >>