2016年 07月 07日

【BBC】アガサ・クリスティーの「検察側の証人」ドラマ化へ


街中で知り合い、親しくなってゆく金持ちのオールドミスと青年レナード。ある夜そのオールドミスが撲殺された。状況証拠は容疑者の青年に不利なものばかり。金が目当てだとすれば動機も充分。しかも、彼を救えるはずの妻が、あろうことか夫の犯行を裏付ける証言を…

BBCはアガサ・クリスティー(Agatha Christie)の「検察側の証人(The Witness for the Prosecution)をドラマ化TVM「大いなる遺産」、「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」のサラ・フェルプス」が脚色予定。

2パート、ジュリアン・ジャロルドが監督、Mammoth ScreenとAgatha Christie Prods.が制作。
James Prichard、 Hilary Strong、Karen Thrussell、ダミアン・ティマーらが制作総指揮。

原作 検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ・クリスティー 早川書房

原作 おもな登場人物
カーター 首席秘書
グリータ タイピスト
メイヒュー 事務弁護士
レナード・ボウル
ウィルフリッド・ロバーツ卿 勅撰弁護士
ローマイン レナードの妻
ジャネット・マッケンジー
ロバート・ハーン警部
エミリー・フレンチ
ウェインライト判事
判事書記
参事官
裁判所書記
速記者
マイヤーズ勅撰検事
補佐官
ワイアット博士 監察医
女性陪審員
男性陪審員
陪審員長
警官
看守
トーマス・クレッグ 法医学研究所研究員
若い女

 
[PR]

by hamchu | 2016-07-07 14:31 | TV・ニュース | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/22973134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2016-07-07 22:34 x
これは、名作『情婦』のリメイクと考えればいいのでしょうか?
Commented by hamchu at 2016-07-08 07:48
情婦と打ったら上布と出てきてしまった…(なんで?)
「そして誰もいなくなった」TVMの次は「検察側の証人」か~という感じですが、「情婦」は大傑作ですもんね、比べない方がおかしいわ。そうしたらキャスティングもかなり気になりますが…
Commented by チェシャ猫 at 2016-07-10 12:56 x
キャスティングがすべて、かもしれませんね、マダム☝w
クリスティの小説が強いのは、人間ドラマの部分がしっかりしているので、そこは古びないからですね。
上布は、たぶん、昨日、急に涼しくなったからでは?
Commented by hamchu at 2016-07-11 13:39
涼しくなったり大雨降ったり、でまた殺人的に暑っついし…(溶ける~)
BBCなんでキャスティングはかなり期待できるでしょうか。監督もジュリアン・ジャロルドだし。
Commented by hamchu at 2016-08-06 19:59
アンドレア・ライズブローがローマイン。


<< 【TV】「ある婦人の肖像」ドラマ化へ      【映画】Dot Hutchis... >>