2016年 11月 14日

【TV】クリス・アボット、アビー・ミラーら「記憶を生める女」に出演へ


ある夏の日の午後。二十代の主婦コーラ・ベンダーは、夫と幼い息子とともに湖畔に遊びに出かけた。彼女たちの隣では二組のカップルがラジカセで音楽を聴いていた。ドラムソロがハンマーのように連打されている…。その時、ラジカセの音楽が変わった…突然、コーラは二組のカップルのうち、女と抱き合っていた男に向かって絶叫し、もっていた果物ナイフで男をめった刺しにした。即死だった。逮捕された彼女の供述は妄想と虚偽だらけ、ときおり錯乱状態に陥り意味不明の話を始める有様で殺人の動機はまったく見えてこない。狂信的な母、臆病な父、いつ死んでもおかしくない重病の妹、児童虐待、麻薬、レイプ、近親相姦、売春、キリスト教、地下室…何が真実で何が妄想・虚偽なのか?そして殺意の真相とは…

クリス・アボット、アビー・ミラー、ドーン・ノーウッドがジェシカ・ビール、ビル・プルマン出演のUSA Networkのクライムドラマ「The Sinner」に出演する模様。

ペトラ・ハメスファール(Petra Hammesfahr)の同名小説「記憶を生める女」をDerek Simondsが脚色、ビールらが制作総指揮、アントニオ・カンポスがパイロット版を監督。

ジェシカ・ビールは主人公のコーラを演じるようですが、このドラマ版キャラクター名がかなり変わっているのでわかりにくいなあ。ビル・プルマンは警部の役のようですが…

原作 記憶を埋める女 ペトラ・ハメスファール 学習研究社

原作 おもな登場人物
コーラ・ベンダー (ドラマではコーラ・ターナー)
ゲレオン コーラの夫
マグダレーナ コーラの妹
グリッド・アディガー コーラの実家の隣人
メラニー、ケルスティン グリッドの娘
エルスベート・ロッシュ コーラの母
ヴィルヘルム コーラの父
ペレンラート
ゲオルク・フランケンベルック(フランキー) 被害者
ウーテ ゲオルクの妻
ルドルフ・グローヴィアン 警部
メヒトヒルト グローヴィアンの妻
ヴィンフリート・マイルホーファー ゲオルクの友人
ヴァルナー・ホス
マルグリート・ロッシュ コーラの叔母
ジョニー・ギター
オトマル・デナー
ハンス・ケッペル
ブルテ教授
エバーハルト・ブラウニング 弁護士
ヨハネス・フランケンベルク

 
[PR]

by hamchu | 2016-11-14 07:39 | TV・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/23363270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2017-09-21 10:58
Varietyの記事、Surprise Success(←笑 まあ確かに) and Season 2 Plansって、Season 2?
Commented by hamchu at 2017-10-30 08:20
「The Sinner 記憶を埋める女」Netflixで11月7日からシーズン1配信開始予定。


<< 今週の映画 予定は未定      【映画】パトリック・デンプシー... >>