2016年 12月 15日

【TV】Working Title Television、「プリムローズ・レーンの男」をドラマ化へ


オハイオの田舎町で「プリムローズ・レーンの男」と呼ばれてきた世捨て人が殺された。なぜか一年じゅうミトンをはめていたその老人は、殺害時、すべての指が切り落とされミキサーで粉々にされていた。ノンフィクション作家のデイヴィッドは、編集者にこの事件を調べるよう求められた。愛妻の死後、断筆を続けていたが、この事件には何か特別なものを感じる。作家は調査の乗り出すが、信じがたい事実が次々と明かされ…。

Working Title Televisionはジェイムズ・レナー(James Renner)の「プリムローズ・レーンの男(The Man From Primrose Lane)」をドラマ化する模様。

アレクサンドル・アジャが制作、アンドリュー・スターン、エリック・フェルナー、ティム・ビーヴァンらが制作総指揮。

この本、数年前にブラッドリー・クーパー主演で映画化される、って話もあったんですが…(今の状況ならTVシリーズの方がいいでしょう)

原作
プリムローズ・レーンの男(上) ジェイムズ・レナー 早川書房
プリムローズ・レーンの男(下) ジェイムズ・レナー 早川書房

原作 おもな登場人物
プリムローズ・レーンの男
デイヴィッド・ネフ
タナー
エリザベス

 
[PR]

by hamchu | 2016-12-15 18:31 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/23467213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】デヴィッド・ヘイマン、...      【Trailer】終わりの感覚... >>