2016年 12月 19日

【映画】ベストセラー「ペンギンが教えてくれたこと」映画化へ


人生は短い。何度も聞かされた言葉だ。
でも、その本当の意味を考えてみたことが一度でもあっただろうか―?
オーストラリア郊外の海辺の町に住むブルーム一家。
写真家のキャメロンと妻のサム、三人の息子たちは、幸せそのものの生活を送っていたが、ある事故で突然、出口の見えない闇に包まれた。旅行中にサムが脊髄を損傷する大けがを負ったのだ。
生死をさまよい、何度も絶望の淵に立たされた彼女と家族を救ったのは、“カササギフエガラス”という鳥だった―。

リース・ウィザースプーン、ナオミ・ワッツ、ブルーナ・パパンドレアがオーストラリアのベストセラー「Penguin Bloom」を映画化する模様。

原作はブラッドリー・トレバー・グリーヴ (Bradley Trevor Greive)の同名ベストセラー(日本での刊行は16年12月15日、邦題「ペンギンが教えてくれたこと ある一家を救った世界一愛情ぶかい鳥の話」)。

ワッツは出演+Emma Cooperと制作予定。

原作 ペンギンが教えてくれたこと ある一家を救った世界一愛情ぶかい鳥の話 キャメロン・ブルーム、ブラッドリー・トレバー・グリーヴ マガジンハウス

 
[PR]

by hamchu | 2016-12-19 11:57 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/23485442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TVM】スコット・フォーリー...      全米映画興収速報 16年12月... >>