2016年 12月 28日

【映画】フェデリコ・アシャットの「ラスト・ウェイ・アウト」映画化へ


テッド・マッケイは自分の頭に向けて拳銃をかまえた。妻と娘が旅行中の今日、とうとう自殺を決行するのだ。引き金に指をかけたそのとき、玄関の扉が激しく叩かれた。リンチと名乗った突然の来訪者は、ある「組織」からテッドへ依頼を伝えに来たと語りはじめる。その内容はあまりにも常軌を逸したものだった…

Anonymous ContentとCampanario Entertainmentはフェデリコ・アシャット(Federico Axat)の小説「ラスト・ウェイ・アウト(La Ultima Salida、Kill The Next One)」の権利を取得、マイケル・シュガー、Ashley Zalta、Jaime Davila、セルヒオ・アグエロが制作で映画化する模様。

ジェフ・オーキンが制作総指揮。

うわー、今年のこのミス20位のこの作品、私は10月ごろ読んでいたのですが、その時(映画化されるとしたら)ネタバレ要注意&登場人物表どうしよう…と思ったのですよー(まさかこんなに早く映画化の話が出るとは 笑)
さて、登場人物表どうしたもんか。まあキャスティングが出てきてから考えましょうか。

原作 ラスト・ウェイ・アウト (ハヤカワ・ミステリ文庫) フェデリコ・アシャット 早川書房

原作 おもな登場人物
テッド(セオドア)・マッケイ
ホリー テッドの妻
シンディ、ナディーン テッドの娘
ジャスティン・リンチ
エドワード・ブレイン
アマンダ・ハードマン
ウェンデル
ロジャー
ローラ・ヒル
カーマイケル
アーサー・ロビショー
ボビー・ペンダーガスト
テリーサ
トリシア
ニーナ リンチの秘書

 
[PR]

by hamchu | 2016-12-28 09:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/23506032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】「砂の惑星」リブート、...      全米映画興収速報 16年12月... >>