2017年 02月 24日

【TV】「アフリカの日々」ドラマ化へ


Heyday Televisionとデヴィッド・ヘイマンはカーレン・ブリクセン(Karen Blixen)若しくはイサク・ディネセン(アイザック・ディネーセン)の「アフリカ農場(Out of Africa)」(「アフリカの日々」)の権利を取得、TVシリーズ化する模様。

スサンネ・ビアが監督、制作総指揮予定とか。

この本はシドニー・ポラック監督、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード主演で映画化された「愛と哀しみの果て」の原作。
85年のアカデミー賞作品賞ほか脚色賞なども受賞した作品で、この年の脚色賞はほかに「カラーパープル」「蜘蛛女のキス」「女と男の名誉」「バウンティフルへの旅」がノミネート。
しかしこの映画化、原作を知る人からは非常に評判がよろしくなかったんですよね(読むとその理由もなんとなくわかるんですが…)。
また原作を知らないで映画を観た方と批評のポイントがずれていて原作アリ映画化の難しさを考えさせられる1本でもあります。

で、これを今どういう風にドラマ化するのか…
翻訳版も色々あるので映像を見る前に読まれてみるとまた面白いかも。

原作 
アフリカの日々 (ディネーセン・コレクション 1) アイザック・ディネーセン  晶文社
アフリカ農場―アウト・オブ・アフリカ (筑摩叢書) カーレン・ブリクセン 筑摩書房

原作 おもな登場人物
わたし
カマンテ
ファラー
クヌッセン老人
プーラン・シン
ベルナップ
ワニヤンゲリ
カニヌー
キナンジュイ
ワイナイナ
デニス・フィンチ=ハットン
バークリー・コール
イングリッド・リンドストーム

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-24 10:09 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/23673681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 全米映画興収速報 2017年2...      【映画】ウォレン・アドラーの「... >>