2017年 06月 08日

【映画】エリクソン・コア、「ダルフールの通訳」を監督へ

 
わたしは通訳だ。いまも最も危険とされる地帯、ダルフールにジャーナリストを連れて行くのがわたしの仕事だ。今日、あなたをそこへお連れする旅に出ようと思う。もしあなたが、この問題に足を踏み込む勇気をもっているのならば―

「インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン」、「Xミッション」のエリクソン・コアがダウド・ハリ(Daoud Hari)のベストセラー「ダルフールの通訳 ジェノサイドの目撃者(The Translator)」を映画化する模様。

アレックス・グレイヴスが脚色、マーク・ホルダー、クリスティーン・ホルダー、リチャード・ハーディング、サム・フォイヤーが制作、Priscilla Moralezが制作総指揮。

原作 ダルフールの通訳 ジェノサイドの目撃者 ダウド ハリ  武田ランダムハウスジャパン

原作 おもな登場人物
わたし ダウド・イブラハエム・ハリ
フィリップ・コックス イギリス人のドキュメンタリー監督
アハメド 兄
ハリマ 姉

アイシャ 姉

ジュマ 兄
ドクター・ジョン
ニコラス・クリストフ NYタイムズのジャーナリスト
アン・カリー NBCのジャーナリスト
アリ
クリストファー・シェイス
ビル・リチャードソン

 
[PR]

by hamchu | 2017-06-08 08:21 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/237080703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】Netflix、「魔法...      【映画】トニ・コレット、グラム... >>