2017年 06月 13日

【TV】ITV、「アレックス・ライダー」をシリーズ化へ

 
「シートベルトの締め忘れで即死?叔父に限ってありえない!」親代わりだった人の事故死を悲しみながらもアレックスの明晰な頭脳と運動神経はフル回転、解体工場に忍び込み弾痕だらけの叔父の車を発見。翌日叔父の勤務先から呼び出された彼に、さらに驚愕の事実が突きつけられる。「叔父さんは我国の特殊工作員だった。今度は君が手を貸す番だ」

ITVはアンソニー・ホロヴィッツ(Anthony Horowitz)の「女王陛下の少年スパイ! アレックスシリーズ」をドラマ化、ガイ・バートが脚色する模様。

Eleventh Hour Filmsが制作、シリーズタイトルは未定。

このシリーズはアレックス・ペティファー主演で06年にジェフリー・サックス監督で映画化(「アレックス・ライダー」)。残念ながら映画の第2弾は制作されませんでしたがTVでリブートか…

原作 ストームブレイカー (女王陛下の少年スパイ! アレックスシリーズ) (集英社文庫) アンソニー・ホロヴィッツ 集英社

原作 「ストームブレイカー」おもな登場人物
アレックス・ライダー 14歳、主人公  
イアン・ライダー アレックスの叔父  
ジャック・スターブライト ライダー家のハウスキーパー  
アラン・ブラント ロイヤル&ジェネラル銀行の頭取(実はMI6の特別作戦局長)
ジョウンズ夫人 ブラントの部下   
軍曹 
ウルフ  
スミザーズ  
へロッド・セイル 「セイル・エンタープライズ」の社長  
ミスター・グリン セイルの執事  
ナディア・ボール セイルの部下  
ヤッセン・グレゴロヴィッチ ロシア人の殺し屋  
 
 
[PR]

by hamchu | 2017-06-13 07:38 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/237092236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】アンディ・ベリン、「D...      【映画】Universal、ル... >>