2017年 08月 01日

【映画】ブレイク・ライヴリー、「The Rhythm Section」に出演へ

 
飛行機事故で家族を失ったステファニーは酒と麻薬に溺れ、ロンドンで売春婦としてすさんだ日々を過ごしていた。そんなある日、フリーのジャーナリストから、飛行機事故は爆破テロだったと教えられる。復讐を誓った彼女は犯人を射殺しようとするが、謎の組織に拉致され、対テロ要員としてリクルートされる。過去を捨て、テロの黒幕を見つけだすのが彼女の任務だ。そのため、最強の女テロリスト、ペトラとして、国際的な陰謀と殺戮の世界へ踏み出していく。

ブレイク・ライヴリーがリード・モラーノ監督、マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ制作のスパイスリラー「The Rhythm Section」に出演する模様。

原作はマーク・バーネル( Mark Burnell)の同名小説邦題「堕天使の報復」
撮影はこの秋米、英、アイルランド、スペイン、スイスで行われる予定。

うわー久しぶりに出てきたと思ったら一気に制作されそうな感じ。
いろいろと「ニキータ」だよね、という原作なのですが(特に1作目)今回の映画化記事で引き合いに出されているのは「ジェイソン・ボーン」だったり…

【関連】
【映画】ニューラインが「堕天使の報復」を映画化 05年7月26日

原作 堕天使の報復 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション) マーク バーネル 二見書房

原作 おもな登場人物
マーティン・ダグラス 
キース・プロクター
ステファニー・パトリック(ペトラ・ロイター、マリーナ・ガウデンジ、スーザン・ブランチ、エリザベス・シェパード)
ディーン・ウェスト
バリー・グリーン
クリストファー ステファニーの兄
シリル・ブラッドフィールド
イスマーイル・カーディク
レザー・ムハンマド
アレクザンダー
カリール
イアン・ボイド
グスタフォ・マリン
フェレイラ
ブライアン・ラザフォード
マーガレット アレクザンダーの秘書
マルク・セッラ
フランク・ホワイト
レオン・ガイラー

 
[PR]

by hamchu | 2017-08-01 14:04 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/237411635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2017-09-28 07:19
ジュード・ロウ出演(書いてないけどあの役でしょうか?)、制作はこの秋開始、米、英、アイルランド、スペイン、スイスで撮影予定。


<< 【Trailer】Ready ...      全米映画興収成績 2017年7... >>