2017年 09月 11日

全米映画興収速報 17年9月11日 「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」が初登場1位に

 
今週は久々に1位、2位が新作で
1位は4103館で上映、$117.15Mでスティーヴン・キング原作のホラー「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」
2位は2940館で上映、$9.028Mでヘイリー・マイヤーズ=シャイア監督、リース・ウィザースプーン主演のロマコメ「Home Again」
3位から6位までは先週からそれぞれ2ランクダウンで3位に$4.85Mで「ヒットマンズ・ボディガード」
となりました。

そのほかの初登場は
ニコラス・ホルト主演、ダニー・ストロング監督の「Rebel in the Rye」が4館、$44,280(暫定41位)、
Ke Guo監督のドキュメンタリー「Twenty Two」が11館、$20,000(暫定48位)、
Christina Clusiau、シャウル・シュワルツ監督のアフリカ舞台のドキュメンタリー「 Trophy」が1館、$3,474(暫定54位)
このあたりは確定すればデータが増えるのではないかと思います。


9月8日-10日
1位 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 $117.15M
2位 Home Again $9.028M
3位 ヒットマンズ・ボディガード $4.85M
4位 アナベル 死霊人形の誕生 $4M
5位 Wind River $3.21M
6位 フェリシーと夢のトウシューズ $2.5M
7位 スパイダーマン:ホームカミング $2.015M
8位 ダンケルク $1.95M
9位 ローガン・ラッキー $1.826M
10位 The Emoji Movie $1.06M

 
9月15日からは
ヴィンス・フリン(Vince Flynn)のミッチ・ラップシリーズをディラン・オブライエン主演、マイケル・クエスタ監督で映画化「American Assassin」(【Trailer】American Assassin
ヴェネチア映画祭でも賛否両論?ダーレン・アロノフスキー監督の「マザー!」(日本公開は18年1月19日)
マイク・ホワイト監督・脚本、ベン・スティラー、マイケル・シーン出演のコメディ「Brad's Status」
日本でも9月30日から公開予定、ジョニー・マーティン監督、ニコケイ主演のアクション「ヴェンジェンス(Vengeance: A Love Story)」(原作はジョイス・キャロル・オーツの「Rape: A Love Story」)
あたりが公開予定。

 
[PR]

by hamchu | 2017-09-11 07:24 | 興収成績 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/237735089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2017-09-11 13:54
「ナインイレヴン 運命を分けた日」が増えました。
425館、$120,500で暫定32位。


<< 【TV】エルモア・レナードの「...      【映画】コモン、Fox 200... >>