2005年 10月 25日

【TV】「ミス・ラモツエの事件簿」 TVドラマに

昨日、ワインスタイン・カンパニー製作のTVシリーズの企画ラインナップが発表。
その中で「シンシティ」TV版、「ラウンダーズ」(オリジナルはマット・デイモンとエドワード・ノートンが出演したポーカーモノ)TV版などに混じって、面白いタイトルも登場していました!

The No. 1 Ladies' Detective Agency
アレグザンダー・マコール・スミスのボツワナ舞台のユーモア・ミステリ「ミス・ラモツエの事件簿」シリーズの映像化。
これは本来ミラマの映画の企画だったのですが…(【映画】「サバンナのミス・マープル」も映画に

「ラブ・アクチュアリー」の監督リチャード・カーティスがパイロット版の脚本を書き、アンソニー・ミンゲラとデヴィッド・E・ケリーが製作(ミンゲラはパイロット版を監督?)。
このメンバーならTVMでもシリーズでもよし。

「ミス・ラモツエの事件簿」は日本で既訳の作品はまだ2つですが、シリーズ最新作は常に米ベストセラー・リストの上位に上がっています。

No.1レディーズ探偵社、本日開業―ミス・ラモツエの事件簿〈1〉 アレグザンダー・マコール スミス Alexander McCall Smith 小林 浩子 / ソニーマガジンズ

Dangerous Company
Varietyのチーフ・エディターPeter Bartの小説のTV化。

原作はハリウッドの内幕を描いた短篇集「Dangerous Company: Dark Tales from Tinseltown」
オンエアはNBC。

Dangerous Company: Dark Tales from Tinseltown Peter Bart / Hyperion Books
[PR]

by hamchu | 2005-10-25 09:18 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/2393429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース テリー・...      【映画】ジャン=ピエール・ジュ... >>