2006年 02月 05日

【HP・Trailer】Elementarteilchen 素粒子

もうすぐ開催のベルリン国際映画祭のプログラムが発表になっていますが、コンペ作品でパッと見て原作がありそうなものは伊の「Romanzo Criminale」(【HP】Romanzo Criminale(Crime Novel))と独の「Elementarteilchen」くらい(「カポーティ」、「シリアナ」はアウト・オブ・コンペ)。

しかし「Elementarteilchen」…
原作はミシェル・ウエルベックの「素粒子」ということで、一体どんな映画になっているやらと思ったのですが、予告を見ると結構普通な感じ?(原作は筑摩書房から文庫になったばかり。ストーリーが非常に説明しにくいと思うのですが、そう思うのは私だけ?)。

監督のオスカー・レーラーは作家クラウス・レーラーとGisela Elsnerの息子。「壁のあと」などの監督・脚本作品がありますが、ほとんど日本に紹介されてません(「千と千尋の神隠し」とポール・グリーングラスの「ブラディ・サンデー」が金熊をとった2002年のベルリンの審査員らしい)。

ベルリン映画祭の開幕は2月9日、コンペの選考・授賞式は2月18日。


a0000270_205940100.jpgElementarteilchen(The Elementary Particles) 06年独
06年2月23日 独公開予定

監督・脚色:オスカー・レーラー
出演:モーリッツ・ブライブトロイ、フランカ・ポテンテ、Christian Ulmen、マルティナ・ゲデック、Nina Hoss 、コリンナ・ハルフォーフ、トム・シリング
原作:ミシェル・ウエルベック 「素粒子」
HP:http://elementarteilchen.film.de/

表紙 素粒子 ミシェル・ウエルベック 野崎 歓 / 筑摩書房


原作 おもな登場人物
ブリュノ (モーリッツ・ブライブトロイ)
ミシェル・ジェルジンスキ (Christian Ulmen)
アナベル (フランカ・ポテンテ)
クリスチヤーヌ (マルティナ・ゲデック)
ジャニーヌ・チェッカルディ ブリュノ、ミシェルの母 後にジェーンと改名 (Nina Hoss?)
ダヴィッド
アンヌ (Birgit Stein)
ヴィクトール 
デプレシマン CNRS生物学部門部門長
フレデリック・ハブゼジャック 
セルジュ・クレマン ブリュノの父
マルク・ジェルジンスキ ミシェルの父
[PR]

by hamchu | 2006-02-05 20:56 | Trailer・HP | Trackback(2) | Comments(3)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3146562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 寄り道カフェ at 2007-06-15 09:01
タイトル : 「素粒子」
原作「素粒子」から、映画「素粒子」へ   2006年/ドイツ/113分 現代フランス文学を代表する作家であるミシェル・ウエルベック。彼の長編デビュー作にして最高傑作といわれる「素粒子」は、これまで現代社会で信じられてきた自由や平等、親子や男女の愛といった基本的な価値観をゆるがせる衝撃をヨーロッパ全土の与えた。男女の恋愛小説という形をとりながらも消費社会、クローン、セラピー、ヌーディスト村や親の不在といった題材を盛り込み、現代社会が抱える闇を独特のユーモアをもって描き出す。本作は1998年フラ...... more
Tracked from ジフルは映画音楽札幌グル.. at 2007-12-29 12:27
タイトル : 素粒子:映画
今回紹介するのは、ドイツ映画の「素粒子」です。 素粒子のストーリー養育放棄され、別々に育った兄ブルーノと弟ミヒャエルは全く異なる境遇を辿り、全く異なる人間へと成長していた。いじめられっ子で、愛情に飢えて育ったブルーノは教師という安定した仕事を得たが、性的欲求を持て余し、離婚の危機を迎えていた。一方、ミヒャエルは天才的な分子生物学者に成長。兄と違って性的欲求はほとんどなく、遺伝子の研究に打ち込んでいた。しかし、母親の死を機に、久しぶりに再会した二人だったが…。 それでは映画を観た感想を・・... more
Commented by hamchu at 2006-02-12 12:56
土曜日に上映。映画は原作から翻案されている雰囲気?(ウエルベックはまだ完成した作品を見ていないらしい)
Commented by mchouette at 2007-06-15 09:05
はじめまして。「素粒子」観てきました。偶然このサイトをみつけ、TBさせていただきます。私は映画をみて、あらためて、原作面白いと思って再読しています。映画については…同なのかな。ただ、私はもう一度原作に向わせてくれたということでは、この映画に感謝です。
Commented by hamchu at 2007-06-15 10:11
こんにちは、はじめまして。ようこそおいでくださいました。
私は残念ながらまだこの映画見てないんですが、見た後はやっぱり原作を読みたいですねーどんな風に映画化しているか確認したいな、なんてね。
ミシェル・ウエルベックには自身の作品の映画化で監督デビュー?なんて話もあって今後も注目の作家。実現したらどんな映画を撮るんでしょう?


<< 全米映画興行収益 速報 06年...      映画原作関連ニュース The ... >>