2006年 02月 13日

全米映画興行収益 速報 06年2月13日 4位までが初登場作品、首位は「ピンクパンサー」

今週は1位~4位までが初登場の作品。
1位は$21.7Mでスティーヴ・マーティンの「ピンクパンサー」(3477館)
2位は$20.1Mでホラーシリーズ第3弾「ファイナル・デスティネーション3」(2880館)
3位は$15.3Mでアニメーション「Curious George」(2566館)
4位は$13.8Mでハリソン・フォードの「ファイヤーウォール」(2840館)となりました。

限定ではジョナサン・デミ監督のコンサート・フィルム「Neil Young: Heart of Gold」が4館$57,300(アベレージ$14,325!)。今週末には劇場数が増えそう。
またアベレージでいくとマイケル・ウィターボトム監督の「Tristram Shandy」も結構大きいかも(公開3週目、6館アベレージ$8,000)。


2月10日-12日(Estimates)
1位 ピンク・パンサー $21.7M
2位 ファイナル・デスティネーション3 $20.1M
3位 Curious George $15.3M
4位 ファイヤーウォール $13.8M
5位 When a Stranger Calls $10M
6位 Big Momma's House 2 $6.8M
7位 Nanny McPhee $5.2M
8位 ブロークバック・マウンテン $4.2M
9位 Hoodwinked $2.502M
10位 Underworld Evolution $2.5M

*2月14日 追記
5位以下はキレイに先週のシフトだったはずが…確定により9位と10位が逆転。9位「Underworld Evolution」、10位「Hoodwinked」


2月17日からは「アメリカン・パイ」アリソン・ハニガンのパロディ・ロマコメ「Date Movie」、ポール・ウォーカー主演、「南極物語」ハリウッド版「Eight Below」、そしてジュリアン・ムーア、サミュエル・L・ジャクソンの「フリーダムランド」(監督はジョー・ロス、脚色は原作者リチャード・プライス)が拡大公開。
日本でも公開予定のロシア発ホラー「ナイトウォッチ」、「Battle in Heaven」、「The Second Chance」、エド・ハリス、ズーイー・デシャネル出演の「Winter Passing」などが限定公開予定。
[PR]

by hamchu | 2006-02-13 09:54 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3188582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ジョシュ・ハートネット...      映画原作関連ニュース Syru... >>