2006年 02月 23日

【映画】L・ディポネヴェンチュラ、James Siegelの新作の映画化権を取得

Universal Pictures はJames Siegelの9月刊行予定の小説「Deceit」の映画化権を高額で取得、「コンスタンティン」のロレンツォ・ディポネヴェンチュラが製作する模様。

カリフォルニアの小さな町のジャーナリストが調査することになったある不審な自動車事故。
運転手の免許証は白人男性のものだが、黒焦げの骨は黒人のものだった…(以前作者の語っていたアウトライン。ストーリーは変わっているかも)

James Siegelはクライヴ・オーウェン、ジェニファー・アニストン主演で映画化された「Derailed」の作者。
彼の作品は「Detour」も映画化予定(製作はディポネヴェンチュラ。【映画】スリラー「Detour」 脚本家が決定)。
[PR]

by hamchu | 2006-02-23 09:15 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3241824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ハラキリロマン at 2006-03-11 13:45
タイトル : コンスタンティン
コンスタンティンを観ました... more


<< 【映画】S・ハンター「極大射程...      【映画】サラ・ポーリー監督作品... >>