2006年 03月 02日

【映画】ジョシュ・オルソン、デニス・ルヘインの「グウェンに会うまで」を映画化

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の脚本家ジョシュ・オルソンが「Until Gwen」を脚色、監督する模様。

原作はデニス・ルヘインの短編「グウェンに会うまで
日本ではミステリマガジン 2004年9月号に掲載、海外では「Men from Boys」(John Harvey編)、「The Best American Short Stories 2005」などに入ってます。

オルソンの監督作品「キラー・バグズ」のチャールズ・ブロック、TVM「セカンド・インパクト」のチップ・ディギンスが製作。
もうすぐキャスティングの段階に入り、撮影は今年を予定。作者のルへインは既にスクリプトを読んで結構気に入っている様子。


原作 おもな登場人物
きみ(ボビー)
きみの父親 泥棒、詐欺師
グウェン
マンディ 娼婦
ジョージ・ブランダ
ジョージの母親
ジェントルマン・ピート


ライフログ
Men From Boys
John Harvey / Dark Alley

映画化の話自体は去年からアナウンス済。


 
[PR]

by hamchu | 2006-03-02 23:36 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3280842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< フランス映画祭2006 原作ア...      【Trailer】Der Ra... >>