2006年 05月 20日

【映画】ヒラリー・スワンク、「P.S.アイラヴユー」に出演

ヒラリー・スワンクが「PS, I Love You」に出演する模様。

これはセシリア・アハーンのベストセラー小説「P.S.アイラヴユー」を映画化するもの。

【映画】「PS, I Love You」 監督が決定

監督は「Freedom Writers」でもスワンクと組むリチャード・ラグラヴェネーズ(こちらにも原作アリ 【映画】パトリック・デンプシーがヒラリー・スワンクと共演)。
製作は「Freedom Writers」の完成後。


原作 おもな登場人物
ホリー・ケネディ (ヒラリー・スワンク)
ゲリー ホリーの夫
シャロン ホリーの親友
ジョン・マッカーシー シャロンの夫
リオ 美容師
リチャード ホリーの兄
ジャック ホリーの兄
キアラ ホリーの妹
デクラン ホリーの弟
フランク、エリザベス ホリーの父、母
デニーズ ホリーの親友
アビー ジャックの恋人
メレディス リチャードの妻
ダニエル・コノリー
トム・オコーナー
クリス・フィーニー
 
ライフログ
P.S.アイラヴユー
セシリア アハーン Cecelia Ahern 林 真理子 / 小学館


 
[PR]

by hamchu | 2006-05-20 08:43 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3631462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nao_tya at 2006-07-24 14:49
はむちゅうさん、こんにちは。お子さまともども元気でいらっしゃいますでしょうか?
『週刊文春』7月27日号に掲載されてる林真理子さんのエッセイで、タイトルは出てなかったもののこの本のことに触れられていました。はむちゅうさんならきっと記事をアップしてるはずだ! と思って調べにきたらやっぱりありましたね~。さすがだわ。
原作は読んでませんが、わりとベタないわゆる「純愛モノ」って感じなのかな? ヒラリー・スワンクが珍しく(?)女性らしい役なので、日本で公開されたら観にいっちゃうかも。
Commented by hamchu at 2006-07-28 11:58
なおちゃさん、こんにちは!無事に男児を出産し、ようやく家に戻って来れました。
いやあ、産道を柔らかくする薬を使用したり、子宮口は開いていない、といわれていたのでまさかこんなに早く生まれると思わなかったよ。
それも夜中の破水から始まって、病院の助産婦さんの「まだ、陣痛は弱いから寝れるよね」の言葉に”すっごい痛いけど寝れるんだ…”と一人耐えていたら4時間後に子宮口全開で分娩室へ。結構あっけない出産でした(笑)。

文春、今や簡単に立ち読み、というわけにいかないのが問題です(コラコラ)。
ヒラリー、ホント、女性的な役ですね(この映画もいつ頃見れるかねえ)。
しかし、ヒラリー・スワンク、チャド・ロウと別れちゃったのは残念だわ。来日中もあんなに仲良さそうな感じだったのに…


<< 【映画】「Vernon God...      【映画】「恥辱」映画化、主演は... >>