2006年 05月 27日

【映画】ホイット・スティルマン、クリストファー・バックリーの作品を映画化

「メトロポリタン」、「バルセロナの恋人たち」のホイット・スティルマンが久しぶりに劇場作品を監督する模様。

それはクリストファー・バックリーの4冊目の小説「Little Green Men」の映画化(Little Green Menって何のこと? 笑)。

英国のGolconda FilmsでEd Pressman、Gregory Mackenzie、Brett Walshが製作。「ネバー・ダイ・アローン」のアレサンドロ・キャモン、「スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする」のチャールズ・フィンチが製作総指揮。
脚本はSean BatesとGregory Mackenzie。

バックリーはアーロン・エッカート主演でヒットした「Thank You for Smoking」の原作「ニコチン・ウォーズ」の作者。

ライフログ
Little Green Men
Christopher Buckley / Random House Inc (T)

やっぱり「ニコチン・ウォーズ」なスタイルの作品?
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-27 10:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3660111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【Trailer】The Na...      映画原作関連ニュース モーガン... >>