2006年 05月 31日

【映画】ロイ・デュプイ、「Shake Hands With the Devil」に出演

TVシリーズ「ニキータ」のロイ・デュプイが「Shake Hands With the Devil」でルワンダ80万人虐殺事件時、撤退してしまった国連平和維持軍の指揮官ロメオ・ダレールを演じる模様。

監督はロジャー・スポティスウッド。6月に撮影開始予定。

ダレールは「ホテル・ルワンダ」でニック・ノルティが演じたオリバー大佐のモデルとなった人物。

原作としてクレジットがある?「Shake Hands With the Devil」はドキュメンタリー化もされたダレールの回顧録(ドキュメンタリータイトル「Shake Hands with the Devil: The Journey of Roméo Dallaire」 http://www.whitepinepictures.com/dallairesite/)。

ロジャー・スポティスウッド監督にはウィリアム・ゴールディングの「The Spire」映画化、なんて企画もあったと思うのですが…(それよりバリー・ペッパーの「Ripley Under Ground」は一体…)

ライフログ
Shake Hands With The Devil: The Failure Of Humanity In Rwanda Romeo Dallaire Brent Beardsley / Carroll & Graf Pub

ドキュメンタリーに関しては04年9月のメモ書きが残っていましたが、結局ブログにはアップしないまま(この時期はこういうのが結構ある)。
[PR]

by hamchu | 2006-05-31 10:01 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3676005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【HP】黒い雲 Die Wolke      【映画】アンジェラ・ロビンソン... >>