2006年 06月 05日

全米映画興行収益 速報 06年6月5日 J・アニストン&ヴィンス・ヴォーンのコメディが初登場首位に

今週はジェニファー・アニストンとヴィンス・ヴォーン出演のロマコメ「The Break-Up」が$38.1Mで初登場1位となりました。
監督は「チアーズ!」、「恋は邪魔者」のペイトン・リード。
2位は先週首位の「X-MEN ファイナル ディシジョン」、3位は変わらず「森のリトル・ギャング」…ということで、3週目の「ダ・ヴィンチ・コード」は4位に。

77館に公開劇場数を増やしたドキュメンタリー「An Inconvenient Truth」は$1.33Mで先週22位から9位にランクイン。

その他の初登場ではリュック・ベッソン製作の近未来アクション「District B13」が151館、$410,000、ダン・ミルマンのベストセラー「癒しの旅 ピースフル・ウォリアー」を映画化した「Peaceful Warrior」が10館、$77,000(【Trailer】Peaceful Warrior 癒しの旅 ピースフル・ウォリアー)。

癒しの旅―ピースフル・ウォリアー ダン ミルマン Dan Millman 上野 圭一 / 徳間書店

また、チャン・ドンゴンの「タイフーン TYPHOON」は24館、$48,200、ドキュメンタリー「The War Tapes」は1館、$13,200。


6月2日-4日
1位 The Break-Up  $38.1M
2位 X-MEN ファイナル ディシジョン $34.35M
3位 森のリトル・ギャング $20.6M
4位 ダ・ヴィンチ・コード $19.3M
5位 M:i:Ⅲ  $4.67M
6位 ポセイドン $3.4M
7位 RV  $3.3M
8位 See No Evil  $2M
9位 An Inconvenient Truth $1.33M
10位 Just My Luck $825,000


今週は日本でも06年6月6日から上映のホラー「オーメン」、6月9日からは「カーズ」が公開。
限定系ではオスカー・レーラー監督の「Agnes and His Brothers」(「素粒子」の前の作品)、ドキュメンタリー「The Heart of the Game」などが公開予定。
 
[PR]

by hamchu | 2006-06-05 10:20 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3695635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ケヴィン・ベーコンがジ...      映画原作関連ニュース Unda... >>