2006年 06月 09日

【映画】ユマ・サーマン、「春に葬られた光」の映画化に出演?

a0000270_20491317.jpg「砂と霧の家」のヴァディム・パールマンが監督予定の「In Bloom」についてユマ・サーマンが出演交渉中である模様。

銃を手にして女子トイレに突然入ってきた少年は、ふたりの少女に残酷な選択を迫る。「お前たちふたりのうち、どちらかを殺す。選べ!」と。ひとりの少女は、とっさに口走る。「彼女を殺して。私ではなく」―
その20年後、かけがえのない友の命と引き換えに生きることを選んだダイアナは、夢見た通りのしあわせな暮らしを送っている。魅力的で名声もある夫、愛くるしい娘。その一点も曇りのない完璧な生活が、つぎつぎに起きる不可解な出来事とともに崩れていく。
残虐な事件を生きのびた者に、はたして光は射すのか…

これはローラ・カジュスキー(ローラ・カシュケ)の小説「春に葬られた光」「The Life Before Her Eyes」の映画化。

Emil Stern が脚色、「ジャケット」、「グッドナイト&グッドラック」のマーク・キューバン、トッド・ワグナーが製作総指揮、マーク・バタン、Aimee Peyronnet、監督のパールマン、Anthony Katagasが製作。
撮影は8月開始予定。

ヴァディム・パールマンにはロイス・ローリーの「ザ・ギバー―記憶を伝える者」の映画化企画もあったと思うのですが…
【映画】「ザ・ギバー―記憶を伝える者」、監督はヴァディム・パールマン

表紙 春に葬られた光 ローラ カジシュキー Laura Kasischke 木村 博江 / ソニーマガジンズ
 
[PR]

by hamchu | 2006-06-09 20:47 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3712609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【Trailer】The Ni...      【映画】ショーン・ペン監督作品... >>