2006年 06月 12日

【映画】「あの瞬間(とき)、ぼくらは宇宙に一番近かった」映画化、監督はスティーヴン・ヘレク

「陽の当たる教室」、「101」のスティーヴン・ヘレクがGold Circle FilmsとThunder Road Films製作の「Einstein's Children」を脚本、監督する模様。

原作は障害児学級の先生と20人の生徒たちがNASAの「スペースキャンプ」に挑戦するというマイク・カージェスのメモワール「あの瞬間(とき)、ぼくらは宇宙に一番近かった」「A Smile as Big as the Moon」

スティーヴン・ヘレクの最近の作品はトミー・リー・ジョーンズ主演のコメディ「Man of the House」が日本では「チアガール VS テキサスコップ」なんてタイトルでDVDスルーに…

ライフログ
あの瞬間、ぼくらは宇宙に一番近かった マイク カージェス ジョー ライデン Mike Kersjes Joe Layden 武者 圭子 / 講談社

様々な困難をクリアする過程、実際にスペースキャンプに参加している場面…なかなか面白くしかも感動的で映画にはいい題材かも。
 

原作 おもな登場人物
マイク・カージェス 教師
ロビン・マキニー カージェスの相棒

生徒たち
スティーヴ・ベネット
ベン・シュミット
ルイス・デイハフ
ステファニー・ラインクス
グラント・ブランケット
スコット・ガウディ
マリオン・ミルズ
アンドレア・バーク
ブルーク・フュラー

トム・ケラー 校長
マイク・シュミット ベンの父、アムウェイの重役
マイケル・ウォッシュバーン 教育長
ポール・ヘンリー 下院議員
ダン・トリアワイラー バーガーキングの経営者
ジャック・ルースマ 元宇宙飛行士

デボラ・バーンハート スペースキャンプ・プログラムの監督
ヘイコ・エンフィールド スペースキャンプ・プログラムの助監督
エド・バックビー 宇宙ロケットセンター所長
ロバート・ブラウン NASA教育部門責任者
ロス・フェラトン NASA広報責任者
  
[PR]

by hamchu | 2006-06-12 23:39 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/3726867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2012-04-29 13:33
これ、当初の予定とは大幅に変わってるけどTVMになってますね。いやあ、この記事書いたときはこういう子供たちとかかわるのが日常になるとは予想もできんかった(笑)。
Commented by チェシャ猫 at 2012-04-30 05:11 x
人生、いろんなことがありますね。ヘレクも紆余曲折あったけれど、第一線に復帰してくれそうですね。
Commented by hamchu at 2012-05-04 03:56
まったく、人生いろいろですね!
スティーヴン・へレクというと「クリッター」とか「ビルとテッドの大冒険」とか思い出しちゃうんですけど…(笑)


<< 【HP・Trailer】La ...      全米映画興行収益 速報 06年... >>