2006年 08月 10日

【映画】「ブラジルから来た少年」リメイク!ブレット・ラトナーが監督


New Line Cinemaが「The Boys From Brazil」のリメイク版を企画、ブレット・ラトナーが監督をする模様。

ナチスの残党が世界各地の65歳の公務員94人の暗殺を計画。一体何のために?

オリジナルはグレゴリー・ペック、ローレンス・オリヴィエ出演の78年の英国作品(日本劇場未公開)、原作はアイラ・レヴィンの「ブラジルから来た少年」(舞台は現代に?)

ラトナーと ジェイ・スターン(Rat Entertainment )、Granadaのロバート・グリーンが製作。
Richard PotterとMatthew Stravitz が脚色。

「ブラジルから来た少年」というと日曜洋画劇場で放送されたのが大変懐かしく思い出されますが…(これと「マラソンマン」はすごく印象に残ってる)

*8月10日 Variety、The Hollywood Reporter
 
[PR]

by hamchu | 2006-08-10 16:59 | 映画・ニュース | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4103422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ニュース - Movie.. at 2006-08-11 03:40
タイトル : ブレット・ラトナー、<ブラジルから来た少年>のリメイク監..
<ラッシュ・アワ−3>も遅々としながらも、企画進行中のブレット・ラトナー監督だが、どうやら、新たな企画として<ブラジルから来た少年>のリメイクの監督に乗り出すらしい。 オリジナルは名優グレゴリー・ペック主演で、1978年イギリスで製作されたサスペンス...... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2006-11-15 16:14
タイトル : ブラジルから来た少年
元ナチス・ドイツの一員で第三帝国の復興をもくろむメンゲレ(グレゴリー・ペック)は、2年半のうちに65歳の公務員を94人殺すという奇妙な計画を立てていた。ナチ残党狩りで知られたユダヤ人老人(ローレンス・オリヴィエ)はメンゲレの陰謀を知り、それを阻止しようとするが、やがてメンゲレの本当の恐るべき意図が明らかにされていく……。 アイラ・レヴィンによるサスペンス小説の名作を『パットン大戦車軍団』『パピヨン』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督が映画化した意欲作。アメリカ映画界の良心G・ペック...... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2006-12-06 00:55
タイトル : ブラジルから来た少年
元ナチス・ドイツの一員で第三帝国の復興をもくろむメンゲレ(グレゴリー・ペック)は、2年半のうちに65歳の公務員を94人殺すという奇妙な計画を立てていた。ナチ残党狩りで知られたユダヤ人老人(ローレンス・オリヴィエ)はメンゲレの陰謀を知り、それを阻止しようとするが、やがてメンゲレの本当の恐るべき意図が明らかにされていく……。 アイラ・レヴィンによるサスペンス小説の名作を『パットン大戦車軍団』『パピヨン』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督が映画化した意欲作。アメリカ映画界の良心G・ペック...... more


<< 【映画】ラッセ・ハルストレムが...      映画原作関連ニュース 3:10... >>