2006年 08月 23日

【映画】「ピッツバーグの秘密の夏」、ニック・ノルティも出演


ピッツバーグの秘密の夏」映画化で主人公アート・ベクスタインの父親ギャングのジョー・べクスタイン役としてニック・ノルティがキャスティングされた模様。

このジョー、直接的な登場自体はあまり多くないと思いますが、結構印象深いキャラ。

最近のニック・ノルティは「ホテル・ルワンダ」の他、「Peaceful Warrior」(原作はダン・ミルマン 【Trailer】Peaceful Warrior 癒しの旅 ピースフル・ウォリアー)などに出演。印象に残る役が多いみたい。

【関連】
映画原作関連ニュース ハビエル・バルデム、ピッツバーグの秘密の夏、アレック・ボールドウィン 06年2月18日
【映画】ピーター・サースガード、シエナ・ミラー、「ピッツバーグの秘密の夏」映画化に出演 06年6月28日
【映画】ミーナ・スヴァーリ、ジョン・フォスター、「ピッツバーグの秘密の夏」に出演 06年8月21日

*8月23日 The Hollywood Reporter
 
[PR]

by hamchu | 2006-08-23 19:10 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4171285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by アオキマイ at 2006-08-23 20:42 x
ノルティはアル中を克服してからいい役してますよね。ドレイファスもそうだし(彼はドラックだっけ?)、いい役者は何かしらの中毒を克服しなきゃだめかな?ウィリアムズもギブソンもしっかりしゃなきゃ。ところでハリウッドでもおおぴらにゲイの映画が作られるようになったのですね。これもブローバックマウンテンのおかげ?日本でも直木賞作家がBoys Love系の小説を愛読していると公言したりして話題になっています。アメリカでも日本の漫画好きの中にはBoys Loveの漫画が好きな子もいます。
Commented by hamchu at 2006-08-24 09:12
メル・ギブソンはホントしょーもないですね。

「ブロークバック・マウンテン」の影響は本当に大きいですね。この手の企画に大手の予算がつくようになったみたいだもの。
そんなこんなで長年映画化ペンディングだった「The Dreyfus Affair: A Love Story」「二遊間の恋―大リーグ・ドレフュス事件」も陽の目を見るか?
そのうちもっと進んでBoys Love系の小説がハリウッドで映画化されたり…(するのか?)
Commented by アオキマイ at 2006-08-25 05:40 x
へぇ〜、そうなんだ。ちょっと調べたら、ベン・アフレックとドン・チードルで企画が進められてると聞きました。アフレックと云えばHollywoodlandが楽しみ。今年の秋は全米では「実録陰謀もの」がはやりですかね。ブラックダリアといいImfamousといい。
Commented by hamchu at 2006-08-25 09:42
ベティ・トーマスが監督する、という話もあったんじゃないかな。
原作のキャラはベン・アフレック、って感じではないと思ったんですが…(笑 ドン・チードルはあってる)
「Hollywoodland」面白そうですね(これもまた私が見れるのはいつになるやら…トホホ)。
Commented by アオキマイ at 2006-08-25 22:20 x
でも映画化のネックは大リーグが協力できるかですね?スポーツ界の同性愛の問題はある意味ステロイドの使用問題よりダブーですからね。「Hollywoodland」、エイドリアン・ブロディの探偵役もいいが、何と言ってもアブレックのジョージ・リーブス=スーパーマン役。でも予告編では例のコスチュームが真っ白でした。やっぱりDCコミックスの横やりでしょうか?


<< 2006年トロント映画祭 おも...      【TV】「ゴシップガール」ドラ... >>