2006年 10月 06日

【映画】フランカ・ポテンテ、「女教皇ヨハンナ」で主演


フランカ・ポテンテがConstantin Film製作の「Pope Joan」で主演をつとめる模様。

西暦814年、カール大帝がこの世を去ったその日、ドイツ南西部の小さな村に一人の少女が生を受けた。
その名はヨハンナ。のちにカトリック史上唯一の女教皇となる女性の誕生だった。そうとは知らぬ父親は赤子を見下ろし、つぶやく─「罪は女より出でし」
広い世界を知りたい。好奇心あふれるヨハンナだったが、女に勉学が許される時代ではなかった。家を飛び出した彼女を待っていたのは、ヨハンナとは名乗ることができない数奇な運命だった─

原作は昨年日本でも刊行されたドナ・クロスの「女教皇ヨハンナ」(草思社)

監督予定は「ブリキの太鼓」のフォルカー・シュレンドルフ…ということでこれまた注目の作品になりそう。

撮影開始は07年5月を予定。

原作
女教皇ヨハンナ (上) ドナ・W.クロス 阪田 由美子 / 草思社
女教皇ヨハンナ (下) ドナ・W.クロス 阪田 由美子 / 草思社

*10月6日 Hollywood Reporter
 
[PR]

by hamchu | 2006-10-06 14:55 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4445250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 06年10月7日公開予定 ザ・...      【映画】「マフィア・コップ」監... >>